カサブランカ会談(読み)カサブランカかいだん(英語表記)Casablanca Conference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサブランカ会談
カサブランカかいだん
Casablanca Conference

1943年1月 14~23日アメリカの F.ルーズベルト大統領とイギリスの W.チャーチル首相が,モロッコカサブランカで開いた第3回連合国戦争指導会議。米英軍のアフリカ作戦成功後の作戦について,シチリア島とイタリア本土への上陸を敢行することを決めた。太平洋戦線での作戦も協議し,同戦線を地中海戦線同様に重視することになった。さらに,原子爆弾開発状況についても話合い,またドイツ,イタリアおよび日本に対して無条件降伏を要求する方針を決定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カサブランカ会談【カサブランカかいだん】

第2次大戦中の1943年1月,チャーチルローズベルトがカサブランカで行った会談。シチリア島とイタリア本土への上陸作戦を決定。ローズベルトは枢軸国に対する無条件降伏要求の原則を明示した。
→関連項目カサブランカ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カサブランカ会談
かさぶらんかかいだん

第二次世界大戦中の1943年1月14~24日、北アフリカのフランス領モロッコのカサブランカCasablancaでアメリカ大統領F・D・ルーズベルト、イギリス首相チャーチルの両首脳が開いた戦争指導会談。この会談で、枢軸国に対する戦いを無条件降伏まで続行する方針が打ち出されたほか、ヨーロッパ進攻をシチリア島とイタリア本土上陸作戦から開始することに合意をみた。またこのとき、不仲が伝えられたフランス抗戦派の指導者ジロー将軍とドゴール将軍との和解が米英両首脳によって試みられたが、完全な解決には至らなかった。[藤村瞬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカサブランカ会談の言及

【第2次世界大戦】より

…しかしソ連が参戦直後から要求していた連合国側による大陸での対ドイツ戦線(第二戦線)の問題をめぐり,フランスに上陸すべきとするアメリカと北アフリカにまず上陸すべきとするイギリスとの間で戦略上の対立が起こり,結局,イギリスの主張がとおり北アフリカに上陸作戦が展開された。そして43年1月スターリンは戦局の進展のため出席できなかったが,ローズベルト,チャーチルの会談がカサブランカで開かれシチリア侵攻とフランス上陸を話し合い,また枢軸国に〈無条件降伏〉を求めることが決定された(カサブランカ会談)。そして,この〈第二戦線〉問題は43年いっぱい話し合われることになった。…

※「カサブランカ会談」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報