コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カザコフ カザコフKazakov, Yurii Pavlovich

3件 の用語解説(カザコフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カザコフ
カザコフ
Kazakov, Yurii Pavlovich

[生]1927.8.8. モスクワ
[没]1982.12.
ソ連の作家。 1958年ゴーリキー文学大学卒業の年に処女短編集『マーニカ』 Man'kaを出して以後,『小さな駅で』 Na polustanke (1959) ,『青と緑』 Goluboe i zelënoe (63) など珠玉の短編集を次々と発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カザコフ

ロシア(ソ連)の作家。スターリン批判前後から注目されるようになった。ツルゲーネフチェーホフを思わせる短編の中に,人間の心理の断絶を掘り下げようとする。作品に《青と緑》(1956年),《猟犬アルクトゥル》(1957年),《アダムとイブ》(1962年)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カザコフ
かざこふ
Юрий Павлович Казаков Yuriy Pavlovich Kazakov
(1927―1982)

ロシアの作家。モスクワに生まれ、ゴーリキー記念文芸大学に学ぶ。処女作は一幕物の『新しい寒村』(1952)。革命後の自然派ともいうべきプリシビンパウストフスキーらに傾倒、雑誌『モスクワ』に『猟犬アルクトゥル』(1957)を発表。孤独な老医と盲目の犬との交流を描いたもので、一種の寓話(ぐうわ)的な好短編である。このほか『青と緑』(1956)、『崖(がけ)の下の家』(1957)、『島にて』(1963)などでも人間心理の微妙な側面を描き出している。このほか旅行記『ムルマンスクの暗礁にて』および『カレワラ』(1962)などにも作者一流の人間の実存についての訴えが聞かれる。70年代以降はほとんど作品を発表しなかった。[木村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カザコフの関連キーワード日活(株)富士に立つ影南京国民政府芥川竜之介ウィルソン黒沢準ケスラードロッパーズナウマンバルツァー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone