コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カザック 〈ロシア〉Kazak

百科事典マイペディアの解説

カザック

ドイツの作家。抒情詩人として出発,ナチス時代には執筆を禁じられ,戦後に小説《流れの背後の都市》を発表,超現実的な手法で,機能一点張りに機械化された近代社会の風刺図を描いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カザック【Hermann Kasack】

1896‐1966
ドイツの小説家,詩人。ポツダムに生まれ,文学と経済学を学び,1927年からフリーの文筆家となる。ナチス時代は文学活動を禁止され,レルケらと助け合いつつ国内亡命の生活を送る。41年にズールカンプ書店の原稿審査員となり,終戦を迎える。戦争中に書いた長編《流れの背後の都市》(1947)はカフカ的ビジョンによって全体主義体制を風刺しているところが時流に合い,一躍有名作家となる。48年のペン・クラブ誕生に尽力,49年ドイツが東西に分裂するとき,ペン・クラブの統一を維持しようと奔走するが成功せず,西独シュトゥットガルトに移住する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカザックの言及

【ジュストコル】より

…両脇の裾にたたまれたひだは,後裾の背割とともに,乗馬の必要に由来する。この衣服の前身は騎兵や銃士のカザックとよばれる外套であった。前あきにはブレードやししゅうで飾られたボタンとボタンホールが密に並ぶ。…

※「カザック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カザックの関連キーワードニコライ ベリャエフコート(衣服)オーバーコートジュストコル芥川 光蔵カザフ語

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android