コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カジカ カジカ Cottus pollux

4件 の用語解説(カジカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カジカ
カジカ
Cottus pollux

カサゴ目カジカ科の淡水魚。全長 15cm内外。頭は大きく,幅広い。背部は褐色で,腹部は淡く,体側には 4~5個の暗色の斑紋がある。河川の石礫底に多くすむ。肉食性で,昆虫や小魚などを食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カジカ

カジカ科に属する魚類の総称,またはその1種。日本では110種以上が記録され,淡水域から沿岸の潮だまり1000mを超す深海まで生息域は多様。食用とされるもののほとんどは淡水産である。
→関連項目おこぜゴリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

カジカ

 [Cottus pollux].カジカ目の淡水魚で,佃煮などにして好まれる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カジカ
かじか / 杜父魚・鰍・河鹿
sculpins

硬骨魚綱スズキ目カジカ科と、近縁のトリカジカ科、クチバシカジカ科、ケムシカジカ科およびウラナイカジカ科をふくむ魚類の総称、またはその一種。カジカ科Cottidaeの大部分は北方の冷水域にすみ、日本からは約90種ほど知られている。生息域は、潮だまりから1000メートル以深まで著しく広範囲に及ぶ。また、淡水域にもすむ。
 トリカジカ科とウラナイカジカ科のほとんどの種は深海にすむ。体の大きさも全長3センチメートルたらずから70センチメートルを超えるものまで、さまざまである。体は一般にやや縦扁(じゅうへん)し、腹面が扁平のものが多い。背びれは多くは2基(ウラナイカジカ科では1基)で、後部の軟条部は臀(しり)びれと対在する。普通、前鰓蓋骨(ぜんさいがいこつ)に硬くて鋭い棘(とげ)をもつ。腹びれは小さくて退化的である。カジカ類のなかで、とくに食用として重要なものは、北日本の沿岸にすみ、全長30センチメートルに達するトゲカジカMyoxocephalus polyacanthocephalus/great sculpinやケムシカジカHemitripterus villosus/sea ravenなどで、両種ともトロールや刺網(さしあみ)などで漁獲される。
 和名カジカCottus polluxは、鹿肉(しかにく)のようにうまい魚という意味で「河鹿」とも書く。北海道南部から本州、四国、九州の河川に広く分布する日本固有種であるが、後述するように、型によって分布は多少異なる。頭がやや縦扁し、胸びれ条がすべて分枝せず、前鰓蓋骨棘(きょく)が1本であるのが特徴。おもにトビゲラ類やカワゲラ類などの昆虫の幼虫を食べる。全長15センチメートルぐらいになる。産卵期は早春~初夏。雄は体が黒っぽくなり、背びれが鮮やかな黄色で縁どられる。平たい石の下のすきまに次々と雌を誘い込み、石の天井に産卵させる。一夫多妻的な産卵形態をとる。産卵後、雌は立ち去るが、雄は卵を保護する。本種には、生活型と遺伝型が異なる3型が存在する。生涯淡水で生活するものは大形の卵(卵径2.6~3.7ミリメートル)を、海に下るものは小卵(卵径1.8~3.1ミリメートル)または中卵(卵径2.2~3.2ミリメートル)を産む。大形卵は、大きな卵黄嚢(らんおうのう)をもち、体の発生がかなり進んだ段階で孵化(ふか)し、近くの小石の間で底生生活をする。小形卵と中形卵から孵化した仔魚(しぎょ)は、小・中の卵黄嚢をもち、卵黄を上にして川を下り、海に入る。前者は1か月ほど、後者では2~3週間ほど浮遊生活をしてから底生生活に移り、川を遡上(そじょう)する。おもに下流域の流れのゆるやかな砂礫底(されきてい)の浅瀬を好む。それぞれは、形態的にも差があり、生殖的にも隔離されていることから、別種であると考えられている。3型の分布域は多少異なる。大卵型は本州のほとんど全域、四国、九州の北西部に、中卵型は本州の日本海側と瀬戸内海、九州の一部に、小卵型は本州と四国の太平洋側に分布する。
 石川県金沢名物のゴリ料理は大部分ハゼを用いるが、かわりにカジカを用いてマゴリと称して珍重する。そのほか、淡水産のカジカ類としては、ヤマノカミ、カマキリ、ハナカジカ、カンキョウカジカ、エゾハナカジカなどが知られている。琵琶湖(びわこ)にのみすむウツセミカジカはカジカの小卵型にきわめて近いが、卵はいっそう小さい。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カジカの関連キーワードアコウダイカサゴカマキリ笠子鈍甲針鯒蓑笠子エソックスカジカ(鰍)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カジカの関連情報