カジノフォーリー

世界大百科事典 第2版「カジノフォーリー」の解説

カジノフォーリー

浅草オペラの時代が去ったあと1929年,東京浅草の水族館余興場で発足した軽演劇団。俳優には榎本健一(エノケン),石田守衛(もりえ),中村是(ぜこう)に梅園竜子(踊り子)ら,文芸部に島村竜三,山田寿夫らが参加し,歌と踊りにギャグをまじえた時局風刺の寸劇上演,〈エロ・グロ・ナンセンス時代〉の時好に投じて人気を集めた。翌30年エノケンは脱退して新カジノフォーリー結成,石田守衛らのカジノフォーリーは33年解散した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「カジノフォーリー」の解説

カジノ‐フォーリー

(フランスのカジノ‐ド‐パリとフォーリー‐ベルジェールをもじったもの)⸨カジノフォリー⸩ 劇団名。昭和四年(一九二九)東京浅草水族館の余興場で、石田守衛(もりえ)を中心に榎本健一、中村是好らが結成。レビューなどのウイットに富む大衆演劇を目ざしたが、二か月で解散、間もなく榎本健一を中心に第二次カジノが結成され、エログロナンセンス喜劇などを上演して有名になった。カジノ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のカジノフォーリーの言及

【榎本健一】より

…その間,関西に下ってサイレント映画の端役などを演じていたが,体をこわして帰京。29年,浅草水族館の2階で旗揚げしたカジノフォーリーでの活躍から人気が急上昇した。エノケン自身もいうように〈浅草オペラをベースに,アメリカのマック・セネット喜劇の動きとセンスをとり入れた〉その舞台は,従来の日本の伝統的な人情道徳喜劇に対し,アクロバチックなまでの体技を駆使した〈見る〉笑いに,歌と踊りを盛り込んだレビュー感覚が,当時の人々の志向にマッチした。…

※「カジノフォーリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android