コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタルーニャ かたるーにゃ

百科事典マイペディアの解説

カタルーニャ

スペイン北東端の地方。バルセロナ,ヘロナ,レリダ,タラゴナ4県で自治州を形成する。北はピレネー山脈,東から南は地中海に臨む。小麦,ブドウの栽培,牧畜が盛ん。織物,製紙,皮革,機械などの工業も行われる。州都バルセロナ。フェニキア,ギリシア,カルタゴの植民を経て,ローマ領。8―10世紀はカロリング朝フランク王国のスペイン辺境領。1137年アラゴンと合体して,地中海商業により発展。住民はカタルーニャ語を用い,独自の文化をもち,スペイン統一後は独立運動が強まった。19世紀後半からは労働運動も盛んとなり,1932年―1934年,1936年には自治権を獲得。スペイン内乱では共和派最後の根拠地となった。2014年11月,中央政府の反対を押し切って,カタルーニャ自治州政府は独立をめぐる非公式な住民投票をはじめて実施し,独立派が8割超と発表した。投票結果は〈意見集計〉との位置づけにとどまるものとなるが,州政府はこれをふまえ実際に独立の是非を問う住民投票の実現を求め中央政府との交渉に乗り出す構えである。今回の投票は公式な有権者名簿を使っておらず投票率は不明だが,4割程度と推測された。中央政府は独立機運が高まるカタルーニャの動きに対し,公式な投票だけでなく非公式な投票自体にも反対して憲法裁判所に提訴。憲法裁判所も受理している。
→関連項目スペイン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カタルーニャ
かたるーにゃ
Catalua

スペイン北東部の歴史的地方名。英語名カタロニアCatalonia。ピレネー山脈東部の南斜面、地中海沿いの海岸山脈、およびその背後の低地からなる。ヘロナ、バルセロナ、レリダ、タラゴナの4県を含み、面積3万1930平方キロメートル、人口634万3110(2001)。海岸部は地中海性の温和な気候であるが、海岸山脈の北側は内陸性の厳しい気候である。しかし灌漑(かんがい)施設が発達し、肥沃(ひよく)な土壌にも恵まれて農業が盛んであり、穀物、豆類、オリーブ、ブドウ、野菜などが栽培される。ヘロナ地方ではコルクガシを特産する。エブロ川河口の三角州地域では水田がみられる。また牧畜も盛んで、ヒツジ、ブタ、ニワトリなどが飼育され、ピレネー山麓(さんろく)では乳牛が飼育される。中・小規模の農家が多いが、スペインでもっとも機械化の進んだ農業地域である。バルセロナおよびエブロ河谷を中心とする海岸部は重要な工業地帯を形成し、金属、電気、機械などの重工業、薬品、染料などの化学工業、および食品工業など、各種工業が立地する。とくに、18世紀の中ごろにエブロ川本支流の豊富な水力を利用しておこった繊維工業は、1970年代で全国生産の70%以上を占めていた。中心都市はバルセロナで、港湾規模、商工業活動ではスペイン第一の産業都市である。
 歴史的に南フランスとの結び付きが強く、地形的にも、スペイン主要部をなすカスティーリャ地方よりも北西部のアラゴンや北部のピレネーとの連続性が顕著である。そのためこの地方はスペインのなかでも独自の集団意識と文化的特質をもつ。この地方の人々はカタルーニャ人とよばれ、カタルーニャ王国時代に培われた固有の文化と彼らの言語であるカタルーニャ語を誇りとしている。カタルーニャは市民自治の伝統をもった先進地域であったが、1978年の新憲法で自治州の成立が認められ、その議会選挙が1980年に行われた。[田辺 裕・滝沢由美子]

歴史

カタルーニャは、古くからギリシア人、フェニキア人が植民市をつくり、古代ローマ時代には、ヒスパニア・タラコネンシスとよばれる属州の一部であった。5世紀から西ゴート人が、8世紀からはモロ人(ムーア人)が侵入し、この地を支配した。8世紀末にはフランク王国のカール大帝が侵入し、9世紀初めにスペイン辺境領とした。これはのちにバルセロナ伯領として独立した。レコンキスタ(国土回復戦争)の進展する過程で、12世紀から15世紀初めまでアラゴン王国と同君連合であった。この間、カタルーニャは地中海貿易を独占して繁栄した。15世紀末のアラゴンとカスティーリャ両王国の合併と大西洋航路の発見によって、スペインにおけるカタルーニャの地位は低下したが、カスティーリャに反抗して政治的、言語的な自治を要求し続けた。17世紀中葉には大規模な反カスティーリャ反乱があり、18世紀のスペイン継承戦争では、オーストリアに味方してブルボン家に反対、反乱を起こしたが、失敗し、政治的、法的特権を奪われた。19世紀後半、資本主義の発達とともにカタルーニャはスペインの労働運動の中心地となり、マドリードからの分離・自治権獲得運動も活発となった。アナキズム、サンジカリズムが有力なことが、この地の労働運動の特色であった。スペイン第二共和国の成立によって、1932年自治権を得、1936~39年のスペイン内戦においては人民戦線派の拠点となり、内戦の最後までフランコ軍に抵抗した。フランコ支配の下で自治は剥奪(はくだつ)され、カタルーニャ語の使用も禁じられたが、フランコの死後の1977年にふたたび自治を回復した。2006年6月にはカタルーニャ州の住民投票によってカタルーニャ語優先などが決まった。[斉藤 孝]
『樺山紘一著『カタロニアへの眼――歴史・文化・社会』(1979・刀水書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カタルーニャの関連情報