コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトゥルス カトゥルス Gaius Valerius Catullus

5件 の用語解説(カトゥルスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カトゥルス(Gaius Valerius Catullus)

[前84ころ~前54ころ]古代ローマ叙情詩人。ギリシャ叙情詩の形式をラテン語の詩に採用。直情的な恋愛詩で名高い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カトゥルス

ローマの抒情詩人。故郷ウェロナへの愛着を歌った詩など,おもに日常の喜怒哀楽の情を飾らぬ技巧で歌い,116編を残した。特にレスビア(本名はクロディア)への愛と失恋の歌は名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カトゥルス【Gaius Valerius Catullus】

前84ころ‐前54ころ
ローマの抒情詩人。アルプス山麓とポー川にはさまれたガリア・キサルピナの町ウェロナに生まれた。若くしてローマに移り住んだが,故郷への愛着を一生持ち続けた。彼は機会あるごとに故郷を訪れ,またウェロナ近郊のガルダ湖畔にあった一族の別荘に滞在して,そのことを歌った詩を書き残している。ローマで上流社会に受け入れられ,彼の友人たちの中には伝記作者のネポスキケロの論敵ホルテンシウスらの名が見られる。またプロペルティウスキュンティアティブルスのデリアと並ぶカトゥルスの恋愛詩の女主人公レスビアは,既婚婦人であったクロディウス・プルケルの妹クロディアであったと伝えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カトゥルス【Gaius Valerius Catullus】

前84頃~前54頃) 古代ローマの詩人。機知とさりげない技巧による抒情詩にすぐれ、次代の恋愛詩人に強い影響を及ぼした。作「詩歌集」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カトゥルス
かとぅるす
Gaius Valerius Catullus
(前84ころ―前54ころ)

古代ローマ、共和政末期の詩人。ベローナ生まれる。ローマに出て、当時流行のアレクサンドリア文学理論を信奉する詩人たちの仲間に入る。116編からなる『詩集』は、その大半が、愛、友情、旅、自然、兄の死、文学、政治、日常のささやかなできごとなどをおりに触れて歌った機知に富む珠玉の小品からなり、感情の素直な表現にみせて、実は効果的な計算と技巧に裏打ちされている。とくに彼がレスビアと名づけた多情な貴婦人に対する愛と失恋を歌った一連の詩が光り、これにより優雅な社交詩人から孤独な叙情詩人に変貌(へんぼう)し、次の世代の恋愛エレゲイア詩人たちの先駆をなした。ほかに小叙事詩『ペレウスとテティスの結婚』『アッティス』など、アレクサンドリア派の手法により神話を扱った、比較的長い詩が数編あり、当時はこれらが代表作とされた。今日では彼自身の恋愛体験の意味と価値を客観的ジャンルによって確かめるための寓意(ぐうい)的作品と解釈されている。[中山恒夫]
『呉茂一訳詩集『花冠』(1973・紀伊國屋書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカトゥルスの言及

【ネポス】より

…北イタリアの出身。激動の共和政末期に生き,政治的活動をした形跡はないが,共和政主義者のキケロ,アッティクス,詩人カトゥルスらを友人に持ち,とくにカトゥルスは《詩歌集》を彼に捧げている。《世界史》《逸話集》《キケロ伝》《恋愛詩》などの著作は散逸し,ギリシア・ローマの著名な王,名将,詩人,哲学者,歴史家などの伝記を収録した《偉人伝》(少なくとも16巻)のうち〈海外名将の巻〉すべてと,〈ローマの歴史家の巻〉の《大カトー伝》と《アッティクス伝》の2編だけが現存する。…

【ラテン文学】より

…〈新詩人〉と呼ばれるこれらの詩人は,アレクサンドリア派のカリマコスらの作風と理論を初めて意識的にローマに取り入れて,先輩たちの長いだけでしまりのない詩を批判し,洗練と技巧と学識と〈小さい完成〉を目ざした。彼らの中で特に才能に恵まれたカトゥルスの作品だけが今日まで残存した。彼は機知と嘲罵のためのエピグラムやイアンボスなどの軽い遊戯的な詩を作る社交詩人として出発したが,自己の恋愛体験をテーマにすることによって,軽い社交詩を深刻な抒情詩に発展させ,のちに流行するローマ独特の〈主体的恋愛エレギア(エレゲイア)詩〉に先鞭をつけた。…

※「カトゥルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カトゥルスの関連キーワードガルスネポスパナイティオスコロシアムティブルスバッキュリデスプロペルティウスローマの泉ヒエロン[2世]ミトリダテス[6世]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone