コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナガシラ Lepidotrigla microptera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナガシラ
Lepidotrigla microptera

カサゴ目ホウボウ科の海水魚食用に供され,美味。全長 30cm。体の上・側部は赤く,下部は白く,第1背鰭の後半部に深紅色の大きな斑紋が 1個ある。は短く,眼が大きい。北海道南部,本州各地沿岸,黄海から南シナ海に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カナガシラ

ホウボウ科の魚。地方名はキミヨ,キントウ,カナンドなど。全長40cmに達する。体の背側部は赤く,第1背びれに深紅色の斑紋がある。本州〜東シナ海,黄海に分布。機船底引網やトロール網で漁獲する。
→関連項目底魚

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カナガシラ【Lepidotrigla microptera】

カサゴ目ホウボウ科の海産魚(イラスト)。同科のホウボウ(イラスト)と外形はよく似ているが,うろこが大きく,また第1背びれの後半部に深紅色の大きい1斑紋があることで区別される。北海道南部以南の日本沿岸,東シナ海,黄海に分布し,水深200mくらいまでの砂地に生息する。体色は紅色で,腹面は白く,胸びれの内面は一様に赤いが,とくに顕著な斑紋はない。全長40cmに達し,カナガシラ類中もっとも大きい。胸びれの一部が変化した歩行肢で海底をはいまわる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナガシラ
かながしら / 金頭
gurnard
[学]Lepidotrigla microptera

硬骨魚綱カジカ目ホウボウ科に属する海水魚。北海道南部から東シナ海にかけての沿岸部を中心に分布する底生魚で、底引網によって多獲される。5~6月の産卵期には浅所に産卵回遊を行い、直径1.2~1.3ミリメートルの球形浮性卵を産む。ホウボウ科の特徴として、頭部に堅い骨格と多数のとげを発達させるが、とくに吻端(ふんたん)の叉(さ)状の2棘(きょく)は顕著な形質である。近縁種ホウボウとは、鱗(うろこ)が大きくざらざらしていることや、背面や胸びれに斑紋(はんもん)がないことで容易に区別される。また、ほかの近縁種とは、背びれに深紅色の斑紋(ホルマリン固定すると黒色になる)をもつことで識別できる。なお、このひれの第2条がとくに長いことからヒレダカという地方名もある。非常に美味な魚で肉は白い。魚市場における本種の符帳として「い」の字が使われるが、これはカナガシラをさして平仮名(いろは)の頭文字をあてた洒落(しゃれ)である。本科には5属16種の日本産種が知られており、ホウボウ、カナガシラのほかに、カナドLepidotrigla guentheri、ソコカナガシラL. abyssalis、オニカナガシラL. kishinouyeiなどが比較的普通に漁獲される。いずれも20センチメートル未満の小形種であるなかで、カナガシラは40センチメートルに達する最大種である。[沖山宗雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カナガシラの関連キーワード魴鮄・竹麦魚うきぶくろちくわ発音魚赤物金戸

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android