コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カブラヤガ カブラヤガ Agrotis fucosa

3件 の用語解説(カブラヤガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カブラヤガ
カブラヤガ
Agrotis fucosa

鱗翅目ヤガ科。前翅長 16~20mm。触角は雌では糸状,雄では両櫛歯状。前翅表面は淡褐色ないし暗褐色で,ヤガ科に一般的にみられる腎形紋,環状紋,楔状紋は明瞭な黒色線で縁どられている。後翅表面は白色ないし淡褐色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カブラヤガ

鱗翅(りんし)目ヤガ科のガの一種。開張40mm内外,灰茶色で,濃い茶色の紋がある。日本全土に分布。幼虫はネキリムシといい,ナス,トマトなど各種農作物,草花などの苗を食い切る害虫。
→関連項目ヤガ(夜蛾)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カブラヤガ
かぶらやが / 蕪夜蛾
turnip moth
[学]Agrotis segetum

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。幼虫はネキリムシ(根切虫)と俗称され、庭園や野菜類の害虫として知られる。成虫は、はねの開張40ミリメートル内外。前翅(ぜんし)は淡い灰褐色で暗色の紋があり、後翅は雄では白色、雌ではやや灰褐色を帯び、翅脈は暗色ではっきり認めることができる。幼虫で越冬し、年2回以上発生。成虫は春から秋まで出現する。幼虫は、昼間浅い土中に潜み、夜間に活動して苗の根際を切断するので園芸家に嫌われる。[杉 繁郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カブラヤガの関連キーワードタバコガフタオビコヤガムクゲコノハ夜蛾ヤガ(夜蛾)カブラヤガ(蕪夜蛾)シャクガ(尺蛾)ドロバチ(泥蜂)ナシケンモン(梨剣紋)ヒゲナガガ(髭長蛾)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone