コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプサイシン capsaicine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カプサイシン
capsaicine

化学式 C18H27NO3トウガラシ果皮に存在する辛味成分で,2種の立体異性体がある。どちらも無色結晶で,融点は 65.9~66.3℃と 65.6~65.8℃。香辛料,刺激剤に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カプサイシン(capsaicin)

トウガラシの果実に含まれる辛味成分。皮膚刺激作用があり、皮膚に塗るとその部分の血管が拡張し発赤充血を生じる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

カプサイシン

 C18H27NO3 (mw305.42).

 トウガラシの辛味の主成分.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

食の医学館の解説

カプサイシン

トウガラシといえば辛いものというのが一般的な認識ですが、すべてが辛いわけではありません。辛みがなく野菜として利用される、シシトウや伏見甘(ふしみあま)のような甘み種のトウガラシもあります。また、辛み種のトウガラシも、種類によってマイルドなものから刺激の強烈なものまで、その辛さの度合いはさまざまです。
 こうしたトウガラシの辛みを左右するのは、カプサイシンの量ではなく、その分子構造。
 カプサイシンを構成する分子の鎖が長すぎも短すぎもせず、適当な長さになったとき、人間は強く辛みを感じるのです。
 そして、この辛みの度合いを示す単位を「スコヴィルユニット」といいます。これはトウガラシに含まれるカプサイシンを水で薄めていき、どの濃度まで辛みを感じとれるかで、辛みの度合いを判断する数値です。
 ちなみに、日本の代表的辛みトウガラシの鷹(たか)の爪(つめ)は、スコヴィルユニット3万~5万。これは世界的にみても辛い部類に入る数値です。ただ、もっとも辛いものになると、スコヴィルユニット10万~35万に達するといいますから、その辛さは想像を絶するレベルです。
 トウガラシを日ごろからふんだんに使う韓国やメキシコでは、料理に応じて、辛みのマイルドなものから、強烈なものまで、細かく使いわけているといいます。
 店でトウガラシを買うときに、スコヴィルユニットを調べるわけにはいきませんが、辛みの強いトウガラシやマイルドなトウガラシを使いわければ、辛い料理の奥行きが、大きく増すことはまちがいありません。

カプサイシン

古くから、トウガラシには食欲増進、健胃、疲労回復、発汗や血行の促進といった効果があることが知られています。食べると体があたたまるので、冷えが原因の肩こり、腰痛(ようつう)の解消にも利用されてきました。これらの効果はトウガラシ特有の辛さのためで、その辛み成分がカプサイシンです。
 カプサイシンの辛みは、舌や胃を刺激して、食欲を増す効果をもつのは、ご存じのとおり。しかし、それだけではなく、中枢神経を刺激してアドレナリンの分泌(ぶんぴつ)をうながし、エネルギーの代謝(たいしゃ)をさかんにする働きがあります。そのため、コレステロールなどの体脂肪の分解がうながされて、運動したときと同様に熱エネルギーへと変換されるのです。
 これらの作用によって、カプサイシンは食欲を増しながら肥満の予防にも役立つというわけ。また、強精、老化防止にも効果があります。
 このほか、毛細血管を収縮させて心臓の動きを活発にしますが、その際、血圧をあまり上昇させないのも特徴的な作用。辛みをじょうずに利用すれば塩なしでも料理がおいしく感じられ、結果的に減塩にも有効なので、適量の使用は高血圧の人にもおすすめできます。さらに、最近では免疫力増進効果もあり、かぜなどの予防に有効ともいわれています。
 トウガラシは身近で安価な材料ですが、一度に大量にとると刺激で胃を荒らすこともあるため、むやみな使い方は避けたほうが賢明。目の充血しやすい人、痔疾(じしつ)の人、アトピー性皮膚炎の人も避けたほうがいいでしょう。
 トウガラシは、その品種によってカプサイシンの含有量に差があり、それは辛みの程度に現れます。ちなみに、国産品ではタカノツメがもっとも辛いとされています。

出典 小学館食の医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

カプサイシン【capsaicin】

トウガラシの果皮に含まれる辛味成分。食欲の増進、脂肪の分解、血圧の抑制などの効果がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のカプサイシンの言及

【トウガラシ(唐辛子)】より

…果色はカプサンチン,β‐カロチン,ビオラキサンチン,クリプトキサンチンおよびカプソルビンなどのカロチノイド系色素による。辛味成分はカプサイシンほか数種の近縁化合物の混合体で,種子,果皮および胎座部や茎葉に含まれている。 トウガラシについては,古く江戸時代から種々の品種が記載されている。…

※「カプサイシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カプサイシンの関連キーワードピーマン・シシトウガラシトウガラシ(唐辛子)カプサイシノイドカプシカムペパーダイエット唐辛子の力ゲルマ入浴小児肥満辛味物質唐辛子冷え症SHU抑制

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カプサイシンの関連情報