カボット(英語表記)Cabot, George

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カボット
Cabot, George

[生]1752.1.16. マサチューセッツセーレム
[没]1823.4.18. ボストン
アメリカ建国期の政治家。キャボットとも表記される。ニューイングランドにおける連邦派の指導者。アメリカ=イギリス戦争 (1812) 中,ハートフォード会議の議長をつとめ大統領 J.マジソンの戦争政策を攻撃。戦後の国民主義の高揚のなかで非愛国者として指弾された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カボット

イタリアの探検航海者。イタリア名Giovanni Caboto。英国に移住,ヘンリー7世の許可を得てインド航路発見を目ざして出帆,1497年北米のケープ・ブレトン島に到達。1498年の第2次航海ではグリーンランドを探検,またニューファンドランドに到達した。息子S.カボットも探検家。
→関連項目カナダブリストル

カボット

イタリアの航海者。J.カボットの子。イタリア名Sebastiano Caboto。父とともに航海し,のちスペイン,英国の宮廷に仕えながら,インド航路の発見を目ざして数度の航海を行い,1508年―1509年ハドソン湾,ラプラタ河口などを探検した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

カボット

《Cabot》アメリカ海軍の航空母艦。インディペンデンス級航空母艦。巡洋艦ウィルミントンとして建造を開始。1943年、空母に変更、改名。その後、艦種が軽空母に変更。1943年7月就役。マリアナ沖海戦レイテ沖海戦などに参加。1947年に予備役となる。その後、予備役兵訓練などに使用された後、1967年、スペインに貸与され、空母「デダロ」として就役。1989年除籍。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カボット【John Cabot】

?‐1498
航海者,地図製作者。イタリア名ジョバンニ・カボートGiovanni Caboto。ジェノバに生まれ,ベネチア帰化レバント貿易にたずさわったのちスペインに滞在,東洋に達するに西方航路の可能性を説く。志を得ず1494年イギリスの港ブリストルに現れ,97年ヘンリー7世の勅許を得て西航,北アメリカ東海岸に達する。のちイギリスは,これを根拠にこの地方の主権を主張した。翌年遭難。息子セバスティアン・カボットSebastian Cabot(1474‐1557)も1508‐09年ハドソン湾からフロリダに至る一帯を探検。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカボットの言及

【アメリカ】より

…理論上,パナマ地峡を境に,ヌエバ・エスパーニャ(メキシコ)副王領とペルー副王領が設けられたわけだが,それぞれの首都以外にもアウディエンシアと称する高等司法・行政機関が各地に設けられて直接統治にたずさわったので,それをもとに各地域の行政区画がおのずと成立し,19世紀独立期の共和国成立の基礎条件をかたちづくった。 トルデシーリャス条約成立の時点においては,海外活動に国力を傾けたのはポルトガル,スペイン両国のみであり,フランスのジャック・カルティエのカナダ航海(1534,1535,1541),イギリスのヘンリー7世派遣のジョン・カボットの北アメリカ航海(1497,1498)等を除けば,16世紀前半は,ヨーロッパ諸国は概してアメリカ大陸に対して関心が薄かった。しかし16世紀後半になると,政治的統一期に入ったイギリス,フランス,すこし遅れてオランダなどが,イベリア両国の海外事業に全世界的な干渉を加えるようになり,それらの諸国のアメリカ大陸およびカリブ海地域への割りこみが始まった。…

【ニューファンドランド[州]】より

…タラ漁をはじめとする漁業もいまだに州の全産出高の8%に達する。 ニューファンドランド島は1497年にJ.カボットが〈発見〉し,それを根拠に1583年H.ギルバートはここをイギリス領と宣言した。イギリスが海外に領土を所有した最初であった。…

※「カボット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android