コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマドドリ カマドドリFurnariidae; ovenbirds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カマドドリ
Furnariidae; ovenbirds

スズメ目カマドドリ科の鳥の総称。300種以上が含まれる。全長は 9~35cmで,スズメ大からハト大ぐらいのものまである。羽色は一般に地味だが,形態,生活様式,生活場所は多様である。中央アメリカ南アメリカに分布する。以前は,セアカカマドドリ Furnarius rufus をカマドドリと呼び,この種をはじめとする一部の種が泥,草,羽毛などを混ぜ合わせてかまど形の巣をつくることからその名がついた。そのほかの多くの種はそれぞれ地面の上や,木のまた,穴の中などに枝や草を積み上げて巣をつくる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カマドドリ
かまどどり / 竈鳥
ovenbird

鳥綱スズメ目カマドドリ科に属する鳥の総称。同科Furnariidaeは3亜科34属約215種からなり、北はメキシコから南はパタゴニアまで、広く中央・南アメリカに分布している。セアカカマドドリFurnarius rufusなどがつくる粘土製の巣が、かまどDutch ovenに似ていることから、和名と英名がつけられた。南アメリカのスペイン語系の人々は、この鳥を「パン焼き」el horneroとよんで親しんでいる。全長12~28センチメートルで、雌雄ほぼ同色。暗褐色、黒色、灰色など全身じみな色をしており、下面はいくぶん淡い。ほとんどの種が、旧世界のツグミ類やヒバリ類のように、森林やサバンナの地上で昆虫をおもに採食するが、湿地の林やサバンナで樹上生活を送り、枝に巣をかけるもの、樹幹で昆虫をとるもの、海岸で海藻についた甲殻類を食べている種もある。セアカカマドドリは、雨期の12月から翌年の2月に、雨で柔らかくなった粘土と草を混ぜて、長さ約30センチメートル、幅約20センチメートル、高さ約25センチメートルのかまど形の巣を雌雄が共同でつくる。壁の厚さは約4センチメートルあり、風雨にさらされて壊れるまでに2~3年かかるが、巣は毎年新しいものがつくられる。ほかに、地面に穴を掘って巣をつくるグループもあり、樹上の巣もきわめてじょうぶである。1腹の卵数は普通2~5個(最多9個)で白いものが多い。なお北アメリカでovenbirdというのは、スズメ目アメリカムシクイ科の1種ジアメリカムシクイSeiurus aurocapillusをさし、草で編まれたかまど形の巣を地上につくるが、カマドドリ科とは類縁が離れている。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カマドドリの関連キーワードFurnarius rufus頭黒虫喰竈鳥頭赤尾長竈鳥胡麻斑刺尾鳥茶色尾長竈鳥錆色尾長竈鳥深山尾長竈鳥胸白尾長竈鳥黄羽尾長竈鳥無地帽子竈鳥尾黒尾長竈鳥喉白尾長竈鳥小木走竈鳥縞鎌嘴竈鳥小嘴地竈鳥黄額眉竈鳥大尾長竈鳥冠柄長竈鳥赤面刺尾鳥帯羽川竈鳥

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android