コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カモンイス カモンイス Camões, Luís Vaz de

6件 の用語解説(カモンイスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カモンイス
カモンイス
Camões, Luís Vaz de

[生]1524.2.5. リスボン
[没]1580.6.10. リスボン
ポルトガルの詩人。コインブラで学んだと伝えられ,ドン・ジョアン3世の宮廷に出入りしたのち,1547年北アフリカセウタに赴き,ムーア人との戦いで右眼を失う。3年後に帰国し,決闘の罪で1年間獄につながれた間に,バスコ・ダ・ガマの航海を主題に,ポルトガルの歴史的栄光をたたえた叙事詩ウス・ルジーアダス (ポルトガル人) 』 Os Lusíadasの第1章を書き上げ,1553年ゴアを経てマカオへ向かい,そこでさらに6章を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カモンイス(Luís Vaz de Camões)

[1524~1580]ポルトガルの詩人。バスコ=ダ=ガマインド航路発見を軸とする愛国的大叙事詩「ウス‐ルジーアダス」により、偉大な国民的詩人とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カモンイス

ポルトガルの国民詩人。貴族出身だが,アフリカでは片目を失い,マカオでは倭寇(わこう)と戦うなど波乱に富んだ生涯を送り,貧苦のうちに死んだとされるが,その伝記はほとんど推測の域を出ない。
→関連項目ポルトガル語マカオロカ[岬]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カモンイス【Luis Vas de Camões】

1525?‐80
ポルトガル文学史上最大の詩人。しかしその伝記は,ほとんどが推測,しかも〈願望的な推測〉の域を大きく越えていない。生まれたのはおそらくリスボン。没落貴族の子であった彼は,当時の知識人と比較しても群を抜くほど該博な知識を持っていたが,いつ,どこでそれを身につけたかは明らかでない。コインブラ大学との説もあるが,確実ではない。1553年にインドへ行き,おそらく69年にリスボンへ戻る。東洋における16年間は,悲惨と貧窮と落胆の連続であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カモンイス【Luís Vaz de Camões】

1525?~1580) ポルトガルの詩人。叙事詩「ウス-ルジアダス」はポルトガル文学の最大の遺産とされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カモンイス
かもんいす
Lus Vaz de Cames
(1525?―1580)

ポルトガルの詩人。リスボン生まれ。勉学のため学都コインブラに1542年までいたと信じられている。ドン・ジョアン3世の宮廷に仕えたが、47年北アフリカのセウタへ赴き、ムーア人との戦闘で右目を失明。その後、故国に帰ったが、52年宮廷の一青年を傷つけ捕らえられ、翌年許されてインド、中国に滞留、69年リスボンに帰り、晩年は極度の貧困と病のうちに数奇な生涯を閉じた。彼の名を不朽にしたのは叙事詩『ウス・ルジーアダス』(1572)で、ウェルギリウスペトラルカに比肩する詩聖である。叙情詩ソネットがとくに優れ、複雑で繊細な感情を巧みに表現している。[濱口乃二雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カモンイスの関連キーワードバスコ・ダ・ガマリスボンリスボン地震薄ぼんやりガスボンベ尻窄まりポリスボックスリスボン大聖堂バイシャ(リスボン)リスボン協定

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カモンイスの関連情報