コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラコル Karakol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラコル
Karakol

キルギス東部,イスイククリ州の州都。旧称プルジェワリスク Przheval'sk。イスイククリ湖南東岸近く,テルスケイアラタウ山脈北麓の標高 1770mの地にあり,カラコル川に臨む。 1869年にロシアの軍事・行政拠点として建設され,カラコルと呼ばれたが,1888年この地で死んだロシアの探検家プルジェワリスキーを記念して翌 1889年にプルジェワリスクと改称。 1921~39年に再びカラコルとなり,その後 1991年までプルジェワリスクと呼ばれた。食品 (ビール,ワイン,食肉,製粉) ,電気機器などの工場が立地。教育大学がある。首都ビシケクとハイウェーで連絡。人口6万 4300 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラコル
からこる
Karakol

中央アジア、キルギス共和国イシク・クリ州の都市。天山山脈中のテルスケイ・アラタウ山脈の麓(ふもと)、カラコル川に沿う標高1770メートルの高地にある。人口6万9600(2003推計)。ロシア革命(1917)前は半家内工業があったにすぎなかったが、革命後は食品、ビール、乳製品、織物、履物の近代的工業都市に変貌(へんぼう)した。1889年まで、および1921~39年までカラコルと称したが、ロシアの探検家プルジェバリスキーを記念して、40年にプルジェバリスクПржевальск/Przheval'skに改称された。91年ソ連解体後、ふたたびカラコルと呼称されている。[山下脩二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カラコルの関連キーワードウイリアム・マーティン コンウェイ古代都市チチェンヤールカンド(葉爾羌)川ガッシャーブルム[山]カラコルムハイウエーチチェンイツァー遺跡カラコルム[山脈]サルトロ・カンリ山エルデニゾー寺院チョゴリザ[山]カラコルム[峠]ガッシャーブルムブルシャスキー語クンジェラーブ峠プルジェバリスクパズイルイク文化ブロードピークジェティオグズクンジュラブ峠ラカポシ[山]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android