コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラスウリ(烏瓜) カラスウリTrichosanthes cucumeroides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラスウリ(烏瓜)
カラスウリ
Trichosanthes cucumeroides

ウリ科のつる性多年草。本州,四国,九州の藪に自生する。葉は互生し,心臓形で3~7裂する。雌雄異株。花は夏の宵に咲く。雌花は1個,雄花は数個が葉腋につく。花は白色で5弁に裂け,縁が細かく糸状になる。果実は 6cmぐらいの楕円体で赤く熟する。果実は凍傷の薬に,塊根や種皮から黄疸の薬や利尿の薬をとり,天瓜粉 (てんかふん) の代りにもする。本種によく似て黄色い実のなる別種のキカラスウリ T. kirilowiiがあり,日本を含めて東アジアに広く分布している。花もやや黄色を帯びた白色である。このキカラスウリの塊根からとるデンプンが天瓜粉で,あせもよけとして有名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android