コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラスウリ

3件 の用語解説(カラスウリの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カラスウリ

本州〜九州,東アジアの山野にはえるウリ科の多年生つる草。根は太く,茎は細いつるになり白毛がある。葉は心臓形で3〜5裂し,長さ・幅とも6〜10cm。花は夏の夜開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カラスウリ【Japanese snake gourd】

山ろくのやぶ陰に生えるウリ科の多年生つる草(イラスト)。花は白く夕方に開き,花冠の先は細長く糸状に裂ける。茎は細長く,巻きひげで他物によじのぼる。雌雄異株。葉は互生し,3~5裂して茎とともに細毛が密生している。花は8~9月ころに開き,雄花は2~10cmの花序をつくり,雌花は葉腋(ようえき)に1個ずつつき,基部は長い筒状。果実は楕円形で長さ5~7cm,秋に赤く熟す。種子は茶褐色で長さ7~8mm,左右に突出しており,幅4~5mmの隆起する縦帯がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラスウリ
からすうり / 烏瓜
[学]Trichosanthes cucumeroides (Ser.) Maxim.

ウリ科の多年草。根は紡錘状、茎はつる性となり、巻きひげで他物に絡んで伸びる。全体に粗い毛がある。葉は長さ、幅とも6~10センチメートル、掌状で浅く3~5裂する。花は単性で雌雄異株。花期は8、9月。花冠は夕方から開き5裂し、裂片の先はレースの糸状に細く裂けて房状に垂れる。雄花は短い総状となり、雌花は単生で花序をつくらない。果実は長楕円(ちょうだえん)形、長さ5~7センチメートルで赤く熟す。種子は黒褐色で帯のお太鼓結び状をしており、また結文(むすびぶみ)に似ているのでタマズサ(玉章)の名もある。山野に多く、北海道南部以南の日本全土、アジア東部に分布する。別種にキカラスウリがある。[小林純子]

薬用

漢方では根を土瓜根(どかこん)、果実を土瓜実(どかじつ)、種子を土瓜仁(どかにん)と称して使用する。根は通経、利尿、排膿(はいのう)剤として用い、果肉は、民間でやけど、しもやけに用いる。種子はキカラスウリの種子(括楼仁(かろにん))と同様に去痰(きょたん)、鎮咳(ちんがい)、鎮痛、消炎剤として用いる。これを用いた小陥胸湯(しょうかんきょうとう)という処方は湿性肋膜炎(ろくまくえん)を治すので有名である。キカラスウリの根を括楼根といい、解熱、止渇、利尿、催乳剤として用いるほか、その純白できめの細かいデンプンを天瓜粉(天花粉)といい、皮膚に振りかけて汗止めとする。これが、いわゆる「汗知らず」である。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラスウリの関連キーワード姥百合白糸草雀瓜燕万年青蔓穂白銀草蔓夏枯草姫藪蘭藪人参藪蘭

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラスウリの関連情報