コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラマツソウ Thalictrum aquilegifolium; meadow rue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラマツソウ
Thalictrum aquilegifolium; meadow rue

キンポウゲ科の多年草山地に生える。高さ 90cmぐらいで,全体に無毛,緑白色。3回3出羽状複葉が互生する。の下方の葉は有柄,上方では無柄となる。小葉広卵形先端が丸く,3,4裂する。7~8月に,茎の先端に多数の枝を出し,散房花序をつける。花弁はなく,白い花弁状にみえる4~5個の萼片がある。長いへら型のおしべが直径 1.5cmぐらいの輪状に集る。めしべは数個。痩果は長さ約 7mmの狭卵形。同属の種にミヤマカラマツアキカラマツなどがあり,北半球や南アメリカにも近縁種がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カラマツソウ

北海道〜九州の山地〜高山の草地にはえるキンポウゲ科の多年草。茎は直立し,高さ1mになり,葉は3〜4回3出複葉で,数枚つき,基部には托葉がある。夏,茎頂に多数の白い花が散房状に密につく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カラマツソウ【Thalictrum aquilegifolium L.】

山地の草原や疎林中,また高山帯にも生えるキンポウゲ科の多年草(イラスト)。茎は高さ80cmくらいに達し,直立し,分枝する。葉は大きく,3~4回3出複葉,小葉身は浅裂するが,鋸歯はない。裏面は白みを帯びる。葉柄の基部は葉鞘(ようしよう)になる。茎の先は大きな散房状の花序となり,7~9月ころ小さな花を多数つける。萼片は白色ないし淡紅色,早く落ちる。花弁はない。おしべは長さ約1cm,花糸はふつう白色で上部は棍棒状にふくれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラマツソウ
からまつそう / 唐松草
[学]Thalictrum aquilegifolium var. intermedium Nakai

キンポウゲ科の大形多年草。茎は直立し高さ0.5~1.2メートルで中空。葉は3~4回3出複葉、小葉は灰緑色で倒卵形。托葉(たくよう)と小托葉がある。花は7~9月、上部がやや平らな複散房花序に多数つき、細長い卵形の萼片(がくへん)があるが早く落ち、花弁はない。多数の雄しべが白いため、花は白くみえる。果実は痩果(そうか)、楕円(だえん)形で先がとがる。北海道と本州に分布し、暖帯から亜寒帯の草原に生える。アキカラマツは本種によく似るが、花は淡黄色で、痩果の基部は狭くならない。本州、四国、九州および中国東北部、シベリアなどには果実が倒卵形で先がとがらない別変種マンセンカラマツがある。カラマツソウ属は北半球に約100種があり、日本にはそのうち16種が分布する。形態的には共通して、外見がカラマツ(別名ラクヨウショウ)の短枝に似た花をつけ、3出複葉で、果実が痩果であるという特徴をもつ。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カラマツソウの関連キーワードシキンカラマツシギンカラマツモミジカラマツタマカラマツ紅葉唐松汗疹草鳥足

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android