コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラムジン カラムジン Karamzin, Nikolai Mikhailovich

6件 の用語解説(カラムジンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラムジン
カラムジン
Karamzin, Nikolai Mikhailovich

[生]1766.12.12. サマーラミハイロフカ
[没]1826.6.3. ペテルブルグ
ロシアの作家,歴史家,ジャーナリスト。地方地主の家に生れ,モスクワの寄宿学校に学んだ。みずから発行した『モスクワ雑誌』 Moskovskii zhurnal (1791~92) に掲載した代表作『哀れなリーザ』によって,ロシア文学におけるセンチメンタル作家の代表者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カラムジン(Nikolay Mikhaylovich Karamzin)

[1766~1826]ロシアの小説家・歴史家。感傷主義文学の代表者。口語を取り入れ、文章語の改革に尽力。小説「哀れなリーザ」、歴史書「ロシア国家史」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カラムジン

ロシアの作家。地方地主の出身。ロシア・センチメンタリズムの代表者で,文章語の改革に功があった。小説《哀れなリーザ》(1792年)のほか晩年に《ロシア国家史》の著述がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カラムジン【Nikolai Mikhailovich Karamzin】

1766‐1826
ロシアの作家,歴史家。地方の地主貴族の子で,早くからフリーメーソンメンバーから影響を受けるとともに,西欧文学に関心をもった。1789‐90年に西欧諸国を旅行するが,フランスジャコバン派の恐怖政治を目のあたりにして,革命思想や啓蒙主義に反発し,君主政体を礼賛するようになった。帰国後雑誌を創刊して《ロシア人旅行者の手記》(1791‐92)の一部や,《あわれなリーザ》(1792)をはじめとする小説や評論などを発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カラムジン【Nikolai Mikhailovich Karamzin】

1766~1826) ロシアの小説家・歴史家。近代文章語の確立に寄与。センチメンタリズムの代表作「哀れなリーザ」、大著「ロシア国家史」がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラムジン
からむじん
Николай Михайлович Карамзин Nikolay Mihaylovich Karamzin
(1766―1826)

ロシアの作家、歴史家。地方の貴族の出身。モスクワで教育を受け、ノビコフらのフリーメーソンのグループの影響のもとに西欧の宗教・道徳的著作やシェークスピアレッシングの作品を翻訳するかたわら、詩や小説を書き始めた。1789年に西欧へ旅行し、フランス革命目の当たりにみて衝撃を受ける。帰国後、月刊雑誌『モスクワ・ジャーナル』を創刊して、自らの旅の見聞と思索をつづった『ロシア人旅行者の手紙』(1791~92)や、ロシア主情主義(センチメンタリズム)文学の代表作となる小説『哀れなリーザ』(1792)、『貴族の娘ナターリヤ』(1792)などを発表した。1802年から刊行した雑誌『ヨーロッパ報知』には『女代官マルファ』(1803)を掲載したが、これはロシア歴史小説の先駆的作品である。カラムジンの作品は、理性偏重の古典主義に対して個性の尊重と感情の解放を目ざす、主情主義とよばれる新しい傾向をロシア文学のなかに生み出した。繊細な感受性と人間的情熱を表現するために口語的要素を取り入れた新鮮な文体を編み出した点、フランス語などからの借用や新しい造語をふんだんに用いた点にその特徴があった。これに対しては古典主義的伝統を守ろうとする保守派が「ロシア語愛好者談話会」を結成したが、カラムジンの文章語改革を支持するグループは「アルザマス会」をつくってこれに対抗した。03年皇帝(ツァーリ)から「歴史編纂(へんさん)官」の称号と特別の年金を授けられたカラムジンは、その晩年を大著『ロシア国史』全12巻(1816~29)の執筆に没頭した。この歴史は華麗な文体で広く読まれたが、古文献を利用した史料的側面を除いては低い学問的評価が与えられている。専制政治と農奴制を擁護する保守的な思想は、11年皇帝に提出された覚書『古きロシアと新しきロシアについて』のなかに集約的に表現されている。[中村喜和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラムジンの関連キーワード桜の園ツルゲーネフピーセムスキーポチョムキンボロディン史家歴史家殺しあいロシアの恋人チャアダーエフ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone