コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルシウム拮抗剤 カルシウムきっこうざいcalcium antagonist

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルシウム拮抗剤
カルシウムきっこうざい
calcium antagonist

カルシウムイオンチャンネル・ブロッカー (遮断剤) ともいう。心筋や血管平滑筋細胞が興奮する際,カルシウムイオンチャンネルが開いて細胞内にカルシウムイオンが流入するが,これを阻止してカルシウムイオン濃度の上昇を抑える薬。冠状動脈の収縮防止や血管拡張作用があり,効果が確実なことから狭心症高血圧症などの治療薬として循環器病薬の中心的存在となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

カルシウム拮抗剤

 電位依存性カルシウムチャンネルを阻害してカルシウムイオンの細胞内への流入を抑制する物質.心筋収縮の抑制,平滑筋の弛緩などをもたらす.ニフェジピン(nifedipine),ベラパミル(verapamil)など.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

カルシウム拮抗剤の関連キーワードアデノシン誘導体の血圧降下作用乳酸プレニラミングレープフルーツ尿失禁とその対策狭心症治療薬生化学的調節心肺脳蘇生術平滑筋弛緩剤抗血栓剤降圧剤

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android