コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅皮症 こうひしょう erythroderma

4件 の用語解説(紅皮症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紅皮症
こうひしょう
erythroderma

剥脱性皮膚炎ともいう。全身の皮膚が発赤し,粃糠様とか落葉状など,さまざまな落屑をみる状態をいう。しばしばかゆみがあり,脱毛,爪の変形,表在性リンパ節腫脹などを伴う。病変が長期にわたる場合には,色素沈着および皮膚萎縮が認められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうひ‐しょう〔‐シヤウ〕【紅皮症】

広範囲の皮膚が赤くなり、表層の角質がふけのようにはがれ落ちる一群の皮膚病。かゆみが強く、重症になると脱毛やつめの変形などもみられる。剥脱(はくだつ)性皮膚炎。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうひしょう【紅皮症】

全身の皮膚が紅くなり、それが長期間続く状態。皮膚はうろこのような外観になりはがれおちる。老人性のもの、皮膚疾患に続発するもの、悪性腫瘍に合併するもの、薬剤によるものなどがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紅皮症
こうひしょう

全身の皮膚が潮紅して落葉状あるいは粃糠(ひこう)(ぬか)様の落屑(らくせつ)を伴った状態。種々の原因によっておこる一種の皮膚反応型の症状。汎発(はんぱつ)化した湿疹(しっしん)とみられる湿疹続発性紅皮症、乾癬(かんせん)などが汎発化した各種皮膚疾患の続発性紅皮症、抗生物質などの薬剤による中毒性紅皮症、自家中毒などによるとみられる落屑性紅皮症、細網内皮系の腫瘍(しゅよう)や白血病にみられる腫瘍性紅皮症が含まれる。[山田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅皮症の関連キーワード全身麻酔背筋力全身全身全霊総毛立つ身の代全身性強皮症全身痙攣発作赤身の魚全身アナフィラキシー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紅皮症の関連情報