コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルテット quartetto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルテット
quartetto

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリーのなかで中枢的な地位を占めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

カルテット【quartetto】

四重奏。四重唱。また、その楽曲・楽団。クアルテット。クヮルテット。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カルテットの関連キーワードアート・テイタム~ベン・ウェブスター・カルテットマック・ザ・ナイフ~エラ・イン・ベルリンカルテット1/渋谷デッドエンドリープ・ザ・ワイルド・ウィンドカルテット2/イケニエのマチフライ・ウィズ・ザ・ウィンドモダン・ジャズ・カルテットジャイアント・ステップスポール・B. デスモンドトーマス ツェトマイヤーアフター・ミッドナイトカルテット3/指揮官カルテット4/解放者ジス・イズ・アニタオパス・デ・ジャズラスト・コンサートバディ デフランコマット マシューズエラ・アンド・ルイparadise

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルテットの関連情報