コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルトゥーシュ cartouche

翻訳|cartouche

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルトゥーシュ
cartouche

工芸・建築用語。厚紙一端あるいは両端が巻込まれているような装飾デザイン。建築では紋章文字を記す装飾額に使われ,さらには周囲をなんらかの不規則な枠で縁どったデザインもこの名で呼ばれ,16~17世紀バロック建築室内装飾に好んで用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カルトゥーシュ(〈フランス〉cartouche)

建築・デザインで、装飾枠飾り。紙帯の端が巻いているような枠を作り、その中に紋章・文字などを表す。バロック時代に多く用いられた。
古代エジプト建築で、王の名を彫った文字を囲む楕円形輪郭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カルトゥーシュ

厚紙の端がまくれたような形の装飾デザイン。またバロック建築の装飾に用いられた同形状の額をもいい,さらに不規則な形にデザインされた枠(わく)もこの名で呼ぶ。古代エジプトのヒエログリフ中に,王名等を囲む長円形の輪郭もカルトゥーシュという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルトゥーシュ【cartouche[フランス]】

(1)建築装飾およびデザインの用語。矩形の紙の両端あるいは四隅が,内側に巻きこまれたようになっている図様で,中の空間に,文字,紋章等をあらわす。浮彫状のカルトゥーシュは,バロックの建築装飾に好んで用いられた。(2)古代エジプトで,王名を記す際に用いられた小判状の枠の形。この中に象形文字(ヒエログリフ)で名が記された。太古に,縄でかこむ形が領地の支配を象徴したことから,この形が生まれたという。【友部 直】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カルトゥーシュ【cartouche】

バロック建築に好んで用いられた装飾モチーフで、四隅や両端が内側に巻き込んだ紙の形をし、中に文字などが書かれたもの。
古代エジプトで王名を記した象形文字を囲む楕円形の枠。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カルトゥーシュの関連キーワードバロック時代 [baroque]クフ王の船アテン工芸ラー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android