コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルポー カルポーCarpeaux, Jean-Baptiste

6件 の用語解説(カルポーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルポー
カルポー
Carpeaux, Jean-Baptiste

[生]1827.5.11. バランシエンヌ
[没]1875.10.12. クールブボア
フランスの彫刻家。ジュールカルボーともいう。父は石工。1842年以来パリに住み,1844年にエコール・デ・ボザールに入学,フランソアリュードアトリエで学ぶ。1854年『ヘクトル』でローマ大賞を受賞してローマに留学し,ミケランジェロの作品に強い感銘を受けて傑作『ウゴリーノと息子たち』 (1861,オルセー美術館) などを制作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カルポー(Jean-Baptiste Carpeaux)

[1827~1875]フランスの彫刻家。古典主義の伝統を離れ、躍動的で優美な官能性を備えた作品を多数制作した。作、オペラ座正面装飾の「ダンス」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カルポー

フランス第二帝政期の彫刻家。バラシエンヌ生れ。パリでリュードに学び,1854年―1859年ローマに留学。バロック的な豊かな動感と巧みな表面処理による光と影の効果は後のロダンへの道を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルポー【Jean‐Baptiste Carpeaux】

1827‐75
フランス第二帝政期の代表的な彫刻家。バランシエンヌに生まれ,パリの国立美術学校に学んだのち,ローマ賞(1854)を得て1856‐62年イタリアに留学。ミケランジェロにもっとも感銘を受け,ローマで《ウゴリーノと子どもたち》(1860‐62)を制作。この作品によって63年のサロンに初登場。肖像彫刻を多くつくるかたわら,ルーブル宮殿の〈フローラのパビヨン〉のための《フローラの勝利》(1863‐66),オペラ座のための《ダンス》(1869),オプセルバトアールの噴水彫刻《世界の四つの部分》(1867‐72)などの記念碑彫刻をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カルポー【Jean Baptiste Carpeaux】

1827~1875) フランスの彫刻家。古典派彫刻の冷たさを脱した動的な美を表現する作品を制作。作品「舞踊群像」「フローラ」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルポー
かるぽー
Jean-Baptiste Carpeaux
(1827―1875)

フランスの彫刻家。バランシェンヌ生まれる。パリに出て初めF・リュード、ついでF・J・デュレに学び、優れた技巧を習得した。1854年に『わが子の守護を祈るヘクトル』によってローマ賞を獲得し、イタリアに赴いた。ローマのバチカンシスティナ礼拝堂でミケランジェロの大作から受けた感銘はきわめて深刻であったという。カルポーがローマのアカデミアに提出した作品のうち『ウゴリーノとその子たち』(1860・ルーブル美術館)はダンテの『神曲・地獄編』から着想されたもので、ローマでは非常な名声を博したが、パリでは不評であった。しかし帰国後は幸運にもナポレオン3世従姉妹(いとこ)にあたる王女マチルドの庇護(ひご)を受けるようになり、チュイルリー宮のパビヨンの浮彫り『フローラ』(1863~66)やオペラ座正面の『ダンス』(1869)を恵まれた環境のなかで制作した。72年、のちにリュクサンブールの噴水盤になった『世界の四部分』をサロンに出品したが、この年に発病し、3年後に世を去った。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カルポーの関連キーワードカニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング伊藤解析河井継之助(かわい・つぎのすけ)県の周産期救急医療システム小栗上野介忠順(ただまさ)薬の調剤ミス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カルポーの関連情報