コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレツキ カレツキ Kalecki, Michael

6件 の用語解説(カレツキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カレツキ
カレツキ
Kalecki, Michael

[生]1899.6.22. ウッチ
[没]1970.4.17. ワルシャワ
ポーランドの経済学者。景気論,分配論を研究。ワルシャワの経済研究所ロックフェラー財団オックスフォード大学の統計研究所国際機関などを経てワルシャワ大学景気変動論を講じる。またポーランドの経済計画委員会で社会主義経済計画論と資本主義諸国の景気分析に従事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カレツキ(Michał Kalecki)

[1899~1970]ポーランドの経済学者。景気理論・分配論の研究で知られる。「景気循環巨視的動態論」では、マルクスの再生産論を土台にして、ケインズ先駆ける理論を展開した。著「経済変動の理論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カレツキ

ポーランドの経済学者。ケインズと同時期にケインズ体系の基本的要素を研究し,さらに不完全競争モデルに組み込んで巨視的動学理論を展開した。マルクスの理論から入ってケインズ学派の長期均衡モデルを考え出し,景気循環と経済成長を統一的な視点から分析,資本主義政府は完全雇用の所得を達成できないと主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カレツキ【Michał Kalecki】

1899‐1970
ポーランドの経済学者。経済理論の主流派の外にあって,独学で修得した経済学をもって先進資本主義経済の動態や社会主義計画経済第三世界について論じた。ケインズ《一般理論》の公刊(1936)に先立つ1933年,マルクス再生産表式枠組み国民所得の決定を論じてケインズ革命を予告したが,その巨視的動学理論は,現実的な企業理論を基礎に,社会階級間の所得分配を理論の統合部分に置いて経済プロセスの動きを説明するもので,ケインズ体系よりも一般的かつ現代資本主義分析に適切とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カレツキ【Michał Kalecki】

1899~1970) ポーランドの経済学者。独学で経済学を学ぶ。マルクスの再生産論を土台に、ケインズとは別個に国民所得の決定を論じてケインズ革命を予告。著「経済変動論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カレツキ
かれつき
Micha Kalecki
(1899―1970)

ポーランドが生んだ世界的な経済学者。ポーランドのウージ生まれる。グダニスクの工業大学で工学を学んだが、在学中より経済学に関心を抱き、1929~35年の間、ワルシャワの景気・価格研究所で国民所得論を研究、33年に発表した『景気循環への一試論』で、資本主義経済循環の数理経済モデル(いわゆるカレツキ・モデル)の創始者となった。35年これをもとにした『景気循環の巨視的動態論』を発表したが、これはマルクスの再生産論から出発しながら、ケインズとは別個に、後の「ケインズ革命」に通じる思想を展開した画期的な業績であった。36年スウェーデンに、ついでイギリスに渡り、40年オックスフォード大学統計研究所員となる。戦後46年から54年まで国連事務局経済部次長を務め、55年ポーランドに帰り、政府顧問、計画委員会顧問、経済審議会副議長、コメコン代表などを歴任、ランゲとともに戦後経済の計画化に力を尽くした。66年アカデミー会員となる。61年以降ワルシャワの中央計画・統計大学で教鞭(きょうべん)をとり、社会主義経済成長論の完成に努めたが、68年春の修正主義攻撃に名を借りた同僚の追放に抗議していっさいの公職から引退し、70年4月17日、失意のうちに死去した。[佐藤経明]
『カレツキ著、宮崎義一・伊東光晴訳『経済変動の理論』(1958・新評論) ▽カレツキ著、竹浪祥一郎訳『社会主義経済成長論概要』(1965・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカレツキの言及

【独占度】より

…ただし,資本集約度が著しく異なる二つの産業での独占力を比較するのには,ラーナーの独占度は不適切で,投下資本への収益率を利用しなければならない。 ラーナーの独占度はのちに,寡占産業での企業間競争を考慮して個別企業の独占力を指数化しようとしたロスチャイルドKant Wilhelm RothschildやパパンドリューAndreas George Papandreouの研究や,国民経済についての尺度として国民所得の分配の説明に用いようとしたM.カレツキの研究などによって継承された。独占【岩崎 晃】。…

※「カレツキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カレツキの関連キーワードドッブランゲ青山秀夫森嶋通夫食料経済学久保田明光高橋泰蔵種瀬茂根岸隆《社会主義の経済理論》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone