コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレリア共和国 カレリアKarelia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カレリア〔共和国〕
カレリア
Karelia

ロシア語通称カレリヤ Kareliya。ロシア北西部にある共和国。 1923年自治共和国,56年共和国となる。首都ペトロザボーツク。西はフィンランドと国境を接し,東は白海に面して位置する。丘陵と低地から成る地域で,氷河作用を著しく受けており,オネガ湖ラドガ湖をはじめとする多数の湖沼や,湿地帯,泥炭地が広く分布する。川は一般に急流で,木材流送と水力発電に利用される。気候は高緯度のわりに暖かく,平均気温は1月-14~-10℃,7月 14~16℃。年降水量 400~600mm。タイガ地帯で,全面積の 80%以上は森林におおわれる。ウラル語族のフィン=ウゴル語派に属する言語をもつカレリア人の国であるが,カレリア人は 10%強で,ロシア人が 70%近くを占める。畜産,酪農,ジャガイモ栽培などを行い,漁業,毛皮獣狩猟も盛ん。工業部門では製材,木材加工を中心に,製紙,アルミニウム精錬,石材採取などが行われ,共和国首都を中心に機械工業も発達。サンクトペテルブルグとムルマンスクを結ぶ幹線鉄道が東部を縦断し,ラドガ湖とオネガ湖を経てバルト海と白海を結ぶ内陸水路の水運も発達している。面積 17万 2400km2。人口 79万 9400 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android