コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレーの市民

デジタル大辞泉プラスの解説

カレーの市民

フランスの彫刻家オーギュスト・ロダンの代表作の一つ(1888)。原題《Les Bourgeois de Calais》。百年戦争でイギリス海峡に面する都市カレーがイギリス軍によって一年以上包囲された事跡に基づく作品。フランスのカレー市庁舎にオリジナルが置かれ、日本の国立西洋美術館ほか10ヶ所以上に複製がある。ブロンズ製。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カレーの市民
かれーのしみん
Die Brger von Calais

ドイツの劇作家G・カイザーの三幕戯曲。1914年発表、17年フランクフルト初演。百年戦争中包囲されたカレーの町を救うため6人の市民が犠牲となってイギリス軍に下った史実に基づき、ロダンの同名の群像に触発されて書かれた。名誉や戦争より市民の営為の結実たる港を重くみる点に反戦の意識がみられる。しかし作者の主眼は社会的思想から離れ、もっぱら、多数のために己を滅却する新しい人間像、それへ向かっての個人の倫理的成熟過程を描出することにある。構成の建築学的緊密さ、台詞(せりふ)にあふれる情念、理念を求める激しい熱情のゆえに、この戯曲はカイザーのみならずドイツ表現主義演劇にとっての記念碑的作品となった。[吉安光徳]
『新関良三訳『カレーの市民』(『近代劇全集9』所収・1927・第一書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カレーの市民の関連キーワードカイザー(Georg Kaiser)ゲオルク カイザー静岡県立美術館ロダン美術館F. ロダンフロアサール新関良三

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カレーの市民の関連情報