カワゲラ(襀翅∥(読み)カワゲラ(英語表記)stonefly

世界大百科事典 第2版の解説

カワゲラ【カワゲラ(襀翅∥ stonefly】

カワゲラ目Plecopteraに属する昆虫の総称。襀翅(せきし)類ともいう。体は比較的原始的な構造をもっている。口器は退化的傾向にあるが,機能は失っていない。直翅類(コオロギ,バッタなど)に近縁であるが,前翅と後翅はほとんど同じ構造で,また,脚の基節が小さいことなどから完全に異なる。現代のカワゲラは二畳紀の原カワゲラ目ParaplecopteraのMarkemidaeを直接の祖先型としている。 成虫はすべて陸生であるが,幼虫は流水中で生活するため成虫も水辺に多く,近くの草や樹木に止まっていることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android