カワゲラ(襀翅∥(読み)カワゲラ(英語表記)stonefly

世界大百科事典 第2版の解説

カワゲラ【カワゲラ(襀翅∥ stonefly】

カワゲラ目Plecopteraに属する昆虫の総称。襀翅(せきし)類ともいう。体は比較的原始的な構造をもっている。口器は退化的傾向にあるが,機能は失っていない。直翅類(コオロギ,バッタなど)に近縁であるが,前翅と後翅はほとんど同じ構造で,また,脚の基節が小さいことなどから完全に異なる。現代のカワゲラは二畳紀の原カワゲラ目ParaplecopteraのMarkemidaeを直接の祖先型としている。 成虫はすべて陸生であるが,幼虫は流水中で生活するため成虫も水辺に多く,近くの草や樹木に止まっていることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android