コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コオロギ コオロギ Gryllidae; cricket

3件 の用語解説(コオロギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コオロギ
コオロギ
Gryllidae; cricket

直翅目コオロギ科またはコオロギ上科に属する昆虫の総称。体は多少とも上下に扁平で短太なものが多く,暗色で目立たない。触角は糸状で非常に長い。翅はやや長くなるものもあるが,多くは比較的短く,左右の前翅は背面で重なって腹部をおおい,この部分は垂直な側部よりはるかに幅広い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コオロギ

直翅(ちょくし)目コオロギ科のうちコオロギ亜科などに属する昆虫の総称。黒褐色の種類が多く,主として地上の草むらや石下などにすみ,水分の多い植物や果実などを好む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コオロギ
こおろぎ / 蟋蟀
cricket

昆虫綱直翅(ちょくし)目コオロギ上科Grylloideaの昆虫の総称。ケラ科を上科に置いて残りのコオロギ上科をまとめていうこともある。世界に約2000種、日本には約60種が知られており、そのなかには古くから鳴く虫として親しまれてきたものも多い。コオロギの名は古く「古保呂岐」と書かれ、黒い木を意味したもののようで、コオロギの黒褐色の体色と関連させてその名となったなど、いくつかの説がある。[山崎柄根]

形態

体長は、アリヅカコオロギのように3ミリメートルほどのものから、台湾にいるタイワンオオコオロギのような40ミリメートル前後のようなものまで変化に富む。体型は背腹に平たく、地上生活に適応した形となっている。体色は地面の色に似せた黒褐ないし褐色系のものが多いが、例外的にアオマツムシのように明るい緑色型のものも知られている。複眼はそれほど大きくなく、触角は糸状で長い。前胸背板は箱の蓋(ふた)のような形で、おおむね後頭部の幅と同幅。左右の前翅は、静止時体の側部を覆う前縁域を除き大部分が重なる。雄前翅の脈相は複雑で、発音器がよく発達している。発音は右前翅裏面の第2肘脈(ちゅうみゃく)下面のやすり部に、左前翅の後縁部にある肥厚部をこすりつけて行い、前翅その他を共鳴部としてよい音を出す仕組みになっている。雄でありながら発音器をもたない種もある。雌の前翅にはケラ科を除き発音器はなく、脈相は一般的に単純。前翅と後翅の長さには変化が多く、両者を欠くものもある。前脚(あし)と中脚は歩行肢で、前脚脛節(けいせつ)の基部近くには鼓膜がある。後ろ脚は跳躍肢で、一般的に腿節(たいせつ)は頑丈で太い。各脚の(ふせつ)は3節。雄の亜生殖板は舟の舳先(へさき)状で、尾突起はない。雌の産卵管は槍(やり)状か錐(きり)状、または薙刀(なぎなた)の刀身状を呈する。[山崎柄根]

生態

大部分が地表性であるが、樹上性、家住性、またアリの巣に共生するものなどがある。ウミコオロギのような海浜性の種も知られている。普通、雑食性であるが、肉食の強い種もある。前翅に発音器をもつ種の多くはよい声で鳴くが、種によっては、さえずったり、縄張り(テリトリー)を主張したり、けんかをしたり、近くの雌を交尾に誘ったりするときに、それぞれ音調を変えて鳴き、交尾中の鳴き方にも違った調子で鳴くものがある。一方、雄の腹背にある誘惑腺(せん)からの分泌物によって近くの雌をひきつけるカンタンやアオマツムシのような種も知られている。精子はいったん精包という包みの中に入れて雌の生殖口につけられ、そこから雌の体内に注入される。地中産卵のものでは、先の鋭い産卵管を直接地中に刺し込んで産み付け、植物組織内産卵のものでは、先が太くて鋸歯(きょし)がある産卵管を用いて、組織に小孔をあけて産み付ける。変態は不完全。なお、生活史は光周性と強い結び付きがある。[山崎柄根]

分類

コオロギ類(上科)はケラ科を含めて12科に分類され、日本産種はコオロギ科、クサヒバリ科、アリヅカコオロギ科、カネタタキ科、クマスズムシ科、カンタン科、スズムシ科、マツムシ科、ケラ科の9科に含まれる。エンマコオロギやツヅレサセコオロギはもっとも普通にみられ、カンタン、スズムシ、マツムシ、カネタタキ、キンヒバリ、クサヒバリなどは鳴く虫として日本人には古くから親しまれてきた虫である。スズムシの飼育は江戸時代から一般化している。
 コオロギ類は、直翅目のなかでも、前翅に共鳴部のある発音器をもつことや、前脚脛節に鼓膜があることなどによって、キリギリス類ときわめて近い関係にある。生活圏の違いが両者の分化を大きくしたのであろう。[山崎柄根]

民俗

日本では、コオロギは家の中で鳴く虫として親しまれている。その鳴き声を「肩させ、裾(すそ)させ、寒さがくるぞ」と聞きなして、冬支度を早くするように勧めているのだとしている。
 ヨーロッパでは予兆を表す昆虫とされ、一般にコオロギが家の中にいることを幸運のしるしとし、殺すと不吉なことがおこるともいう。イギリスでは、雨、幸運、不運、近親者の死、恋しい人の到来などを知らせるといい、アイルランドではとくにクリスマス・イブに鳴き声を聞くのを喜ぶ。また中部ヨーロッパのシレジア地方では、死者の幽霊や盗人がくると鳴くという。
 かつて中国には、エンマコオロギの類を飼い、金を賭(か)けて闘わせる風習があった。そのため、強いコオロギは高値で売買され、コオロギを入れるための焼物の器もつくられて、工芸的に発達した。蘇州(そしゅう)では「秋興(ちうしん)」といって、寒露のころの行事になっていたが、これを専門的に職業とする者もいた。[小島瓔

文学

古くから文学にも登場し、『万葉集』に「蟋蟀(こほろぎ)」「蟋(こほろぎ)」の形で7首の歌がみえるが、これは秋鳴く虫の総称ともいう。平安時代に入ると、「きりぎりす」とよばれるようになり、『古今集』には「秋風に綻(ほころ)びぬらし藤袴綴(ふぢばかまつづ)り刺せてふきりぎりす鳴く」など6首がみえる。『枕草子(まくらのそうし)』「虫は」に「きりぎりす。はたおり」と並べられ、「はたおり」がいまのキリギリスという。『礼記(らいき)』「月令(がつりょう)」に「季夏蟋蟀(きかしっしゅつ)壁ニ居ル」、『源氏物語』「夕顔」に「壁の中のきりぎりすだに……」とあり、壁にいると考えられていたらしい。俳句では「こほろぎ」「ちちろむし」「つづれさせ」などと詠む。[小町谷照彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コオロギの関連キーワードエンマコオロギアリヅカコオロギオカメコオロギ閻魔蟋蟀蟋蟀綴刺蟋蟀御竈蟋蟀阿亀蟋蟀石川県加賀市山中温泉こおろぎ町コオロギ(蟋蟀)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コオロギの関連情報