コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワモズク Batrachospermum

2件 の用語解説(カワモズクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カワモズク【Batrachospermum】

世界各地の湧泉からの小川や灌漑用水路などの流水中にみられるカエルの卵塊のようなカワモズク科の淡水産の紅藻。体は節をもつ中軸と,節から出る輪生枝とからなり,それらの周囲には多量の寒天物質が分泌されるので,体は寒天質の数珠(じゆず)の形状となる。カワモズク属には種類数が多く,種の同定は容易でない。分類には,輪生枝の発達の程度,囊果(のうか)の位置,受精毛の形,雌雄異株か同株かなどが主な形質となる。代表的な種に,カワモズクB.moniliforme Roth,アオカワモズクB.virgatum SirodotおよびヒメカワモズクB.gallaei Sirodotなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワモズク
かわもずく
[学]Batrachospermum moniliforme Roth

紅藻植物、カワモズク科の淡水藻。きわめて柔らかい粘滑質の糸状分岐体で、体長は10センチメートル以内。一般に体色は灰紅色である。緑紅色になるなどの変化も多く、種名同定はむずかしいが、小球がつながる数珠(じゅず)のような体枝をもち、ときには、その数珠球の中に小粒の嚢果(のうか)が肉眼でもみられるのが特徴である。冬季から初夏にかけて繁茂する一年生藻。諸地方の河川や湖水、泉水などと分布域は広いが、生育量が少ないのでみつけにくい。外形のよく似たものに、数種の同属異種があるほか、属の違うユタカカワモズクSirodotia、オキチモズクNemalionopsisなどがある。後者の藻は日本では稀産(きさん)で、九州や四国の一部に産するだけであり、長崎・愛媛県下のオキチモズクN. tortuosaは国の天然記念物である。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カワモズクの関連キーワード水路橋箱根用水明治用水人造湖池沼楢の小川村請用水用悪水路植田内膳

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カワモズクの関連情報