コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンキチク かんきちく

1件 の用語解説(カンキチクの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンキチク
かんきちく / 寒忌竹
[学]Muehlenbeckia platyclados Meissn.

タデ科の低木状草本。ソロモン諸島の原産。高さ1メートルに達する。茎はよく分枝し緑色、扁平(へんぺい)で多数の縦縞(たてじま)があり、硬くて節があり、葉のようにみえる。葉は互生し披針(ひしん)形で枝先につくが落ちやすい。花は節部につき小さく、初めは白色でのちに暗紫色となる。果実は紫紅色。栽培には温室内の日当りに置くが、冬は3~5℃を保てばよく、四国、九州の暖地では戸外で越冬。繁殖は挿木で、5~6月ごろに充実した枝先を挿す。[坂梨一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカンキチクの言及

【タデ(蓼)】より

…また花被片が宿存するので,種子が完熟するまで花序の美しいものがあり,オオケタデヒメツルソバアサヒカズラなどは観賞用に栽植される。またカンキチクは扁平になった茎を観賞する。ダイオウのように薬用にするものや,アイのように染料にする有用植物も含まれている。…

※「カンキチク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。