カンゾウ(甘草)(読み)カンゾウ(英語表記)Glycyrrhiza glabra; licorice root

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンゾウ(甘草)
カンゾウ
Glycyrrhiza glabra; licorice root

マメ科の多年草。中国大陸原産で,まれに日本でも栽培される。高さ 1mほどになり羽状複葉互生する。夏に,葉腋花穂を出し,淡紫色蝶形花総状につける。根を干したものを「甘草」と呼び,咳止め鎮痛剤などに使い,また甘味料にも用いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カンゾウ(甘草)【カンゾウ】

シベリア南部〜中国西部に自生するマメ科の多年草。高さ50〜100cm,奇数羽状複葉で小葉は4〜8対。花は淡紫色。本種およびスペインカンゾウ,ロシアカンゾウ,ペルシアカンゾウなどの根を乾燥したものを甘草といい,去痰(きょたん)剤,丸薬基剤などとするほか,胃・十二指腸潰瘍(かいよう)にも用いられる。漢方では,鎮痙(ちんけい)・解毒の目的で広く用いられ,甘草湯,葛根(かっこん)湯などに処方される。甘味料としても重要。
→関連項目五香粉

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カンゾウ【カンゾウ(甘草) Glycyrrhiza uralensis Fisch.】

根や茎の基部漢方薬で甘草と呼ばれ重用されるマメ科の多年草。カンゾウ属Glycyrrhizaの2,3種が同じ用途に利用される。これらを英名licoriceという。高さ数十cm,ときには1mになり,根茎は円柱状で,それにつづく主根は深く土中にのびる。直立する地上茎には白色の短毛腺毛がある。葉は互生,奇数羽状複葉で4~8対の小葉がある。花は6~7月,腋生(えきせい)した花梗の先端に密集してつき淡紫色,1.5~2cmほど。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンゾウ(甘草)
かんぞう / 甘草

マメ科の多年草。一般にはウラルカンゾウGlycyrrhiza uralensis Fisch.をさす。茎は直立し高さ30~80センチメートル、根茎は円柱状で地下に走出枝を多数伸ばし、主根は長く、表面は赤褐色ないし暗褐色、内部は淡黄色で甘い。葉は奇数羽状複葉で長さは8~24センチメートル、小葉は5~17枚で倒卵形ないし楕円(だえん)形、両面に腺毛(せんもう)と白毛がある。葉腋(ようえき)に葉より短い穂状花序をつけ、淡紫色の花を多数つける。雄しべは10本で二体雄蕊(ずい)をなし、雌しべは1本。果実は豆果(とうか)で裂開せず、鎌(かま)状に強く曲がり、黄褐色の刺状腺毛を密生する。中国の黄河以北および西部、モンゴル、シベリアの日当りのよい乾燥した草原や河岸の砂質土壌に生える。ウラルカンゾウによく似たスペインカンゾウG. glabra L.は地中海地域から中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区まで分布し、花は淡紫色であるが、旗弁が白色ないし黄白色で、豆果(とうか)は長円形またはやや湾曲し、表面は褐色で光沢があり、小葉は楕円形ないし狭長卵形である。スペイン、フランス南部、イタリア北部、バルカン、カフカスに野生するものは全株無毛であるが、ハンガリー、ウクライナ、中央アジア、シベリア南部、新疆に野生するものは全株に腺毛があるので、これをG. glabra L. var. glandulifera Regel et Herderとして区別する。これらの根と走出枝を乾燥したものを甘草と称し薬用にする。[長沢元夫]

薬用

紀元前から中国、エジプト、ギリシアで呼吸器カタルや腹痛などに用いた。漢方ではもっとも多く使用される薬物で、疼痛(とうつう)、痙攣(けいれん)、潰瘍(かいよう)を治す作用があるので、腹痛、咽喉(いんこう)痛、咳(せき)、胃潰瘍などに用いるほか、サポニンのグリシリジンの構成部分であるグルクロン酸は、肝臓で有毒物質を抱合してそれを体外に排出させるので解毒剤としても用いる。ビール、たばこ、しょうゆの製造の際、甘味料として加える。日本には生育しないので、生薬(しょうやく)の形だけでなく、水で抽出して製した甘草エキスも多量に輸入している。[長沢元夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカンゾウ(甘草)の言及

【漢方薬】より

…この経験をもとに,胃潰瘍の治療薬も開発されている。カンゾウ
[附子]
 トリカブト属Aconitum植物の根で,猛毒のアコニットを含む生薬であるが,漢方では強心を目的に使用する。近年附子(ぶし)から強心成分としてヒゲナミンが単離された。…

※「カンゾウ(甘草)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android