コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カントリー・ハウス country house

翻訳|country house

1件 の用語解説(カントリー・ハウスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カントリー・ハウス【country house】

イギリスで,貴族や富裕な郷紳階級の,いなかの所領にある本邸を呼ぶ(これに対し,社交シーズンや議会の会期中にロンドンで滞在するのに使うのが,タウンハウスtown houseである)。本来は中世期の荘園所領の地主の屋敷としてのマナー・ハウスであったものが,16世紀チューダー朝期の富の蓄積と,建築技術のいちじるしい発達によって,他国の宮殿に匹敵するような広壮なカントリー・ハウスの建設がさかんになった。この傾向は18世紀まで続き,イギリス各地にみごとな建築群を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカントリー・ハウスの言及

【住居】より

…アルベルティはフィレンツェに建つパラッツォ・ルチェライPalazzo Rucellai(1446‐51)の正面壁面にローマのコロセウムに由来するオーダーとアーチの組合せのデザインを応用し,ルネサンス的な意匠をもつ都市邸宅の端緒を開いた。イギリスのスミッソンRobert Smythson(1535ころ‐1614)は,ホールを中心とする中世的な大邸宅に左右対称の壁面構成を与える試みを,ロングリート・ハウス(1568‐75ころ)等のカントリー・ハウスの設計を通じて行った。またイタリアのセルリオはフランスに赴いてフォンテンブローのグラン・フェラール(1544‐46)等の都市邸宅を設計し,オテルと呼ばれるフランスの都市住宅の原型をつくり上げた。…

※「カントリー・ハウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カントリー・ハウスの関連キーワードイギリス経験論特権階級イギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争大宅ロビンフッドイギリス巻マナーハウスイギリス組曲イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カントリー・ハウスの関連情報