ストラトフォード(英語表記)Stratford

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストラトフォード
Stratford

アメリカ合衆国,コネティカット州南西部の町。ロングアイランド海峡に面し,ブリッジポートのすぐ東にある。 1639年入植。初期には造船が主産業であったが,現在は航空機エンジン,ヘリコプタ,工作機械など各種の工業が発達している。 1955年以来夏にはアメリカシェークスピア祭が催される。人口4万 9389 (1990) 。

ストラトフォード
Stratford

カナダ,オンタリオ州南部の都市。五大湖に囲まれた酪農地帯にあり,1953年以来,夏ごとに約 50haの公園で催されるシェークスピア祭で知られる。集落は,リトルテムズ川の河畔に 1832年に建設され,同名で呼ばれた。しかし,川の名がエーボンに改称されたため,集落名も,35年にシェークスピアの生誕地ストラトフォードオンエーボンにちなんで現在名に改められた。 85年に市制施行。鉄道車両工場のほか機械工業,軽工業が立地するが,観光と芸術も市の経済的基盤をなす。人口2万 7666 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ストラトフォード【Stratford】

イギリス,ロンドンの北西160km,ウォリックシャーの田園に囲まれた田舎町。正式にはストラトフォード・オン・エーボンStratford‐on‐Avon。人口約2万1000(1981)。シェークスピアの生地として名高い。エーボン川に面した古い市場町として中世以来の歴史をもつが,近年は観光地として発展してきている。旧市内および近郊には1564年にシェークスピアの生まれた家(現在は博物館)や晩年の彼が1616年に世を去るまで余生を送った邸宅ニュープレースの跡(現在は公園)をはじめ,文豪ゆかりの教会,学校,民家などが残されており,教区教会ホーリー・トリニティの内陣には彼の墓がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ストラトフォードの関連情報