コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストラトフォード ストラトフォード Stratford

4件 の用語解説(ストラトフォードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストラトフォード
ストラトフォード
Stratford

アメリカ合衆国,コネティカット州南西部の町。ロングアイランド海峡に面し,ブリッジポートのすぐ東にある。 1639年入植。初期には造船が主産業であったが,現在は航空機エンジンヘリコプタ工作機械など各種の工業が発達している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ストラトフォード
ストラトフォード
Stratford

カナダ,オンタリオ州南部の都市。五大湖に囲まれた酪農地帯にあり,1953年以来,夏ごとに約 50haの公園で催されるシェークスピア祭で知られる。集落は,リトルテムズ川の河畔に 1832年に建設され,同名で呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ストラトフォード【Stratford】

イギリス,ロンドンの北西160km,ウォリックシャーの田園に囲まれた田舎町。正式にはストラトフォード・オン・エーボンStratford‐on‐Avon。人口約2万1000(1981)。シェークスピアの生地として名高い。エーボン川に面した古い市場町として中世以来の歴史をもつが,近年は観光地として発展してきている。旧市内および近郊には1564年にシェークスピアの生まれた家(現在は博物館)や晩年の彼が1616年に世を去るまで余生を送った邸宅ニュープレースの跡(現在は公園)をはじめ,文豪ゆかりの教会,学校,民家などが残されており,教区教会ホーリー・トリニティの内陣には彼の墓がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ストラトフォードの関連キーワードロンドン会議ロンドン交響楽団イギリス巻ロンドンブーツロンドン・シンフォニエッタロンドン橋落ちたロンドン警視庁特捜部ロンドン指令X《ロンドンなき後,あるいは野生のイギリス》LGW

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストラトフォードの関連情報