コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンバーランド カンバーランド Cumberland, Richard

4件 の用語解説(カンバーランドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンバーランド
カンバーランド
Cumberland, Richard

[生]1732
[没]1811
イギリスの劇作家。感傷的家庭悲劇で知られる。代表作『西インド人』 The West Indian (1771) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カンバーランド
カンバーランド
Cumberland

アメリカ合衆国,メリーランド州西部州境の都市。アパラチア山系を横断してオハイオ川に通じる谷 (カンバーランド隘路) の入口にあたる。炭鉱のほかゴム,織物,紙などの工場もある。人口2万 3706 (1990) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カンバーランド
カンバーランド
Cumberland

イギリスイングランド北西部の旧県名。1974年の自治体再編により廃止。今日のカンブリア県の北部にあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カンバーランド【Cumberland】

アメリカ合衆国,メリーランド州北西部の工業都市。人口2万5933(1980)。鉄道と工業の中心地で,周辺の石炭地帯にとって重要な石炭積出地。繊維,合成繊維タイヤガラス石油化学製品,金属製品などの工業もある。1750年,アパラチア山脈を越えてオハイオ河谷に至る地点に建設された交易所が町の母体となった。19世紀前半,アパラチア山脈を越えて中西部に至るカンバーランド道路の東の起点であった。【菅野 峰明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カンバーランドの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカンネブラスカメリーランド米利堅華盛頓亜米利加アメリカ連合国アメリカ合衆国最高裁判所

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンバーランドの関連情報