カンバーランド(英語表記)Cumberland, Richard

  • Cumberland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1732
[没]1811
イギリスの劇作家。感傷的家庭悲劇で知られる。代表作『西インド人』 The West Indian (1771) 。
アメリカ合衆国,メリーランド州西部州境の都市。アパラチア山系を横断してオハイオ川に通じる谷 (カンバーランド隘路) の入口にあたる。炭鉱のほかゴム,織物,紙などの工場もある。人口2万 3706 (1990) 。
イギリスイングランド北西部の旧県名。1974年の自治体再編により廃止。今日のカンブリア県北部にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アメリカ合衆国,メリーランド州北西部の工業都市。人口2万5933(1980)。鉄道と工業の中心地で,周辺の石炭地帯にとって重要な石炭積出地。繊維,合成繊維,タイヤ,ガラス,石油化学製品,金属製品などの工業もある。1750年,アパラチア山脈を越えてオハイオ河谷に至る地点に建設された交易所が町の母体となった。19世紀前半,アパラチア山脈を越えて中西部に至るカンバーランド道路の東の起点であった。【菅野 峰明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(Cumberland)
[一] イギリス、イングランド北部の旧州。現在はカンブリア州の一部。
[二] アメリカ合衆国、メリーランド州の鉱工業都市。
[三] アメリカ合衆国南部の川。オハイオ川の支流。水源はカンバーランド高原。
[四] アメリカ合衆国南部、アパラチア山脈南西部の高原状の山地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android