コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーシャーン カーシャーン Kāshān

4件 の用語解説(カーシャーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーシャーン
カーシャーン
Kāshān

イラン北部,マルカジー州南東部の都市。イラン中央山脈東麓の砂漠中のかつて重要だった隊商路上にあり,イラン縦断鉄道の南東支線に沿う。古い都市で,南西 3kmにはこの高原で発見された最も古い定住生活の遺物を出土する有史以前のテペ・シャルクの遺跡がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カーシャーン(Kāshān)

イラン中部、イスファハーン州の都市。サファビー朝の離宮があった地として知られ、アッバース1世の廟やゆかりのフィーン庭園がある。また、絨毯(じゅうたん)、磁器、絹織物の産地であり、裕福な絨毯商人が築いた大邸宅などが残っている。カシャーン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カーシャーン【Kāshān】

イラン中北部,テヘランの南約190km,カビール砂漠の西端に位置する伝統的手工業の都市。人口16万6000(1994)。市の南東にあるケルクシュ山からの水で同市周辺は豊かな緑をなす。市には紀元前の遺跡も発見されているが,アッバース朝時代に城壁も建設され,都市としての発展を示す。セルジューク朝以降は陶器をはじめ美術・学芸の都として名高く,サファビー朝下ではじゅうたん,絹織物の生産で有名となり,17世紀には〈ヨークノリッジ勝るとも劣らない〉と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーシャーン
かーしゃーん
Kshn

イラン中部、テヘラン州南東部の都市。大塩湖の南端に位置する砂漠の町である。人口20万1372(1996)。夏は非常に暑く乾燥し、住民は熱暑を避けて地下室で過ごす。用水はカナート(地下水路)と河川水の貯水槽で賄われている。近郊のテペ・シアルクイラン高原における先史時代最古の遺跡の一つ。じゅうたん、別珍、絹織物、銅細工で知られ、モザイクタイルの発祥の地とされる。市内にはセルジューク朝期の建築物も多い。[香川優子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーシャーンの関連キーワードイラン立憲革命セムナーンテヘランイランイランテヘラン会談NIOCテヘラン宣言イランの難民テヘラン考古学博物館テヘラン協定

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone