コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カールーン川 カールーンがわ Kārūn

2件 の用語解説(カールーン川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カールーン川
カールーンがわ
Kārūn

イラン南西部の川。エスファハンの西,バフティアリ山地に源を発し,蛇行しながら南流してクーニンシャハルでシャットルアラブ川に合流する。全長 829kmであるが,源から合流点までの直線距離は 290kmにすぎない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カールーン川
かーるーんがわ
Rd-e Krn

イラン南西部を流れる同国最大の川。延長約800キロメートルザーグロス山脈のザルデ山に源を発し、フーゼスターン平野に灌漑(かんがい)用水を供給し、シャッタル・アラブ川に合流する。イラン唯一の航行可能河川で、上流部でザーヤンデ・ルード川とトンネルで結ばれ、同川に水の一部が流されている。[岡正孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カールーン川の関連キーワードイスファハンエスファハンロレスターンバルチスタンエスファハーンイスファハーンシャフレスターン橋バファタ頭痛にバファリンの日イスファハンのイマーム広場