コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カールーン川 カールーンがわKārūn

2件 の用語解説(カールーン川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カールーン川
カールーンがわ
Kārūn

イラン南西部の川。エスファハンの西,バフティアリ山地に源を発し,蛇行しながら南流してクーニンシャハルでシャットルアラブ川に合流する。全長 829kmであるが,源から合流点までの直線距離は 290kmにすぎない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カールーン川
かーるーんがわ
Rd-e Krn

イラン南西部を流れる同国最大の川。延長約800キロメートルザーグロス山脈のザルデ山に源を発し、フーゼスターン平野に灌漑(かんがい)用水を供給し、シャッタル・アラブ川に合流する。イラン唯一の航行可能河川で、上流部でザーヤンデ・ルード川とトンネルで結ばれ、同川に水の一部が流されている。[岡正孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone