コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガイ・フォークス・デー ガイフォークスデー

百科事典マイペディアの解説

ガイ・フォークス・デー

英国の火薬陰謀事件の首謀者ガイ・フォークスGuy Fawkesに由来する記念日。英国では陰謀予定日の11月5日に,大きなたき火をたき,フォークスをかたどった異様な人形を焼く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガイ・フォークス・デー
Guy Fawkes Day

イギリスで,1605年に火薬陰謀事件が未遂に終わったことを記念して毎年 11月5日に行なわれる行事。ボンファイアー・ナイト(焚き火の夜)とも呼ばれる。カトリック教徒たちがイギリス国会議事堂の爆破とジェームズ1世および議員の殺害を企てた火薬陰謀事件は,密告によって発覚し,爆破予定日の 11月5日未明に陰謀者の一人ガイ・フォークスが捕えられた。議会は 11月5日を「感謝の祝日」と定め,1606年に祝いの行事が初めて催された。今日でもイギリス本国をはじめ,かつて大英帝国の一部だった多くの国々で,パレードや花火,篝火(かがりび)や食べ物を楽しむ祭日となっている。花火はガイ・フォークス・デーの催しの中心であり,陰謀者が使うことのなかった火薬を象徴している。フォークスのわら人形を焚き火に投げ入れるならわしもある。かつては,祭りの数日前から子供たちが人形をもって街を練り歩き,事件を記念する歌をうたいながら通行人に「ガイのために 1ペニーを」と呼びかける風習があった。イギリス議会の衛視は,ひそんでいるかもしれない放火犯を探して年に一度の建物内検査を行なうが,これは捜索というよりも儀式である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ガイ・フォークス・デーの関連キーワードアノニマス大学祭

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android