コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガス吸収 ガスきゅうしゅう gas absorption

2件 の用語解説(ガス吸収の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ガスきゅうしゅう【ガス吸収 gas absorption】

ガス分子がそれと接する液相または固相の内部に界面を越えて移動する現象をいう。気体が固体内に吸収される現象を吸蔵ということもある。また,相界面近傍に保持される現象を吸着といい,吸収とは区別する。 ガス分子が液相中に移動する吸収現象を利用して,気体混合物中の成分の分離を行うことができる。化学工学では,この分離操作をガス吸収操作,または単にガス吸収という。ガス吸収には,ガス分子が液体中に溶解する物理吸収と液体中の反応成分と化学反応を生じる化学吸収または反応吸収とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガス吸収
がすきゅうしゅう
gas absorption

気体混合物を適当な液体と直接接触させて、気体中のある特定成分だけを溶解吸収させて分離する操作。混合気体の分離、有用成分の回収、気液反応による製品の製造、不要成分または有害成分の除去に用いられ、最後の操作をガス洗浄あるいはスクラビングということもある。吸収とは逆に、液体中に溶解している成分を追い出す操作を放散またはストリッピングという。
 ガス吸収では吸収液の選択が重要であるが、目的とする気体成分を選択的に吸収し、溶解度が大きく、吸収した気体を容易に放散できて、吸収液が繰り返し使用できるものが選ばれる。気液反応による製品を目的とする場合以外では、水または水溶液を用いることが多い。気体混合物の分離には、ガス吸収以外にも、固体の吸着剤を用いる吸着、加圧液化―蒸留、膜分離などの方法もあるが、液体溶媒の選択により、変化に富んだ分離がガス吸収で行われる。
 ガス吸収には、酸素・炭酸ガスなどを水に溶解させる場合のような物理吸収と、炭酸ガスを炭酸カリウムまたは炭酸ソーダ水溶液に溶解・反応させる化学吸収に分けられる。後者は吸収後の液を加熱することで容易に炭酸ガスを放散させ、吸収液を再生使用できるが、可逆反応であるから、平衡に近づけば吸収速度は遅くなる。吸収装置としては、液を分散相にする充填(じゅうてん)塔、スプレー塔、ガススクラバー、濡(ぬ)れ壁塔などと、ガスを分散相とする段塔、気泡塔、気泡攪拌槽(かくはんそう)などが代表的なものである。[早川豊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガス吸収の言及

【吸収】より

光吸収【朝倉 利光】(2)ある物質がそれと界面を隔てて接している異なる相の内部に取り込まれる現象をいう。とくに気体の液体に対する溶解度の違いを利用した混合ガスの分離,有価物の回収,不純物の除去などの操作をガス吸収と呼び,化学工学の一単位操作となっている。固体による液体,気体の吸収もあり,例えば白金やパラジウムなどによる水素の吸収においては,水素は原子状に解離して金属格子中を拡散していき,金属原子と一定割合になるまで取り込まれる。…

※「ガス吸収」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガス吸収の関連キーワード気化それとも吸着作用液相線液相面固相線包晶点溶解度間隙熔融昇華物

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガス吸収の関連情報