コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガッコウチュウ(顎口虫) ガッコウチュウ

2件 の用語解説(ガッコウチュウ(顎口虫)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ガッコウチュウ(顎口虫)【ガッコウチュウ】

元来はネコ,イヌなどを終宿主とし,その胃壁に寄生するガッコウチュウ科の線虫であるが,ヒトが第2中間宿主ライギョなどを生で食べると,2〜3mmの幼虫が成虫にならずに,皮下などに迷入し,時おり痛み,発赤,はれを起こし,それが移動する。
→関連項目センチュウ(線虫)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガッコウチュウ【ガッコウチュウ(顎口虫) Gnathostoma】

線形動物ガッコウチュウ科に属する一群のセンチュウ(線虫)。各種の肉食動物やブタ,イノシシなどの胃,食道に寄生するが,ヒトは終宿主でないため,ヒトに感染した場合には幼虫のまま体内を移行することが多く,皮膚爬行症または皮下の移動性腫張の原因となる。日本で従来この原因となるものはユウキョクガッコウチュウ(有棘顎口虫)G.spinigerumのみとされていたが,輸入ドジョウの生食によって発症した例の中にはゴウキョクガッコウチュウ(剛棘顎口虫)G.hispidumによるものもある可能性がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone