コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガッコウチュウ(顎口虫) ガッコウチュウ

百科事典マイペディアの解説

ガッコウチュウ(顎口虫)【ガッコウチュウ】

元来はネコ,イヌなどを終宿主とし,その胃壁に寄生するガッコウチュウ科の線虫であるが,ヒトが第2中間宿主のライギョなどを生で食べると,2〜3mmの幼虫が成虫にならずに,皮下などに迷入し,時おり痛み,発赤,はれを起こし,それが移動する。
→関連項目センチュウ(線虫)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガッコウチュウ【ガッコウチュウ(顎口虫) Gnathostoma】

線形動物ガッコウチュウ科に属する一群のセンチュウ(線虫)。各種の肉食動物やブタ,イノシシなどの胃,食道に寄生するが,ヒトは終宿主でないため,ヒトに感染した場合には幼虫のまま体内を移行することが多く,皮膚爬行症または皮下の移動性腫張の原因となる。日本で従来この原因となるものはユウキョクガッコウチュウ(有棘顎口虫)G.spinigerumのみとされていたが,輸入ドジョウの生食によって発症した例の中にはゴウキョクガッコウチュウ(剛棘顎口虫)G.hispidumによるものもある可能性がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ガッコウチュウ(顎口虫)の関連キーワードゴウキョクガッコウチュウ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android