ガリレイの生涯(読み)がりれいのしょうがい(英語表記)Leben des Galilei

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガリレイの生涯
がりれいのしょうがい
Leben des Galilei

ドイツの劇作家ブレヒトの戯曲。北欧亡命中の1939年に完成した歴史劇で、ブレヒトが主張する叙事詩的演劇の円熟を示す。43年チューリヒで初演。イタリアの科学者ガリレオ・ガリレイはベネチアでの待遇に不満でフィレンツェに移ったが、宮廷や教皇庁で真実を述べることを許されず、研究心を奮いおこしては弾圧され、しかも目覚め始めたルネサンスの市民たちとの連帯も果たせず、審問所の監視下に余生を送る。そして、ひそかに『新科学対話』を弟子の手によって未来に救い出す主人公ガリレイを30年にわたって15景で展開する。1945年から47年のアメリカ稿は原爆時代を反映してガリレイに鋭く自己批判せしめ、今日の科学者のあり方を問う。[八木 浩]
『岩淵達治訳『ガリレイの生涯』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

ガリレイのしょうがい〔‐のシヤウガイ〕【ガリレイの生涯】

《原題、〈ドイツ〉Leben des Galilei 》ドイツの劇作家・詩人、ブレヒトの戯曲。作者がナチスの迫害を逃れ北欧に亡命していた1930年代に執筆。1943年にチューリヒで初演。中世の物理・天文学者ガリレオ=ガリレイの一生を題材としつつ、科学者と政治権力の問題を問う。1945年に改稿。改稿版は、1947年に米国で初演された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android