コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンベッタ ガンベッタ Gambetta, Léon

6件 の用語解説(ガンベッタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガンベッタ
ガンベッタ
Gambetta, Léon

[生]1838.4.3. ロート,カオル
[没]1882.12.31. オードセーヌ,ビルダブレー
フランスの政治家。初め弁護士として共和主義の立場から第二帝政政府を激しく攻撃,異彩を放った。ベルビル綱領 (普通選挙制の実施,自由の保障,教会と国家の分離を訴える) を定めて 1869年議員となり,反政府運動を展開。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガンベッタ(Léon Michel Gambetta)

[1838~1882]フランスの政治家。進歩派・反帝政派の指導者として活躍。1870年、国防政府の成立とともに内相となり、ドイツ軍の囲むパリから気球で脱出、義勇兵を集めたことで有名。のち共和党党首・首相となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガンベッタ

フランスの政治家。反ナポレオン3世派の指導者。普仏戦争に際し国防政府内相として強硬抗戦を唱える。第三共和政では共和派左派の領袖(りょうしゅう)として王党派の陰謀を挫折させ,政権の安定に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガンベッタ【Léon Gambetta】

1838‐82
フランス第三共和政の樹立と安定に寄与するところの大きかった政治家。第二帝政末の1868年,ボーダン事件で逮捕されたドレクリューズの弁護士として,法廷で第二帝政を激しく糾弾して一躍有名になった。翌年の議会選挙にパリの労働者居住街区として知られたベルビルから立候補,このとき選挙民の要求に従って提出した〈ベルビル綱領〉は,急進共和派の路線を示したものとして知られている。70年,スダンにおけるナポレオン3世プロイセン軍への降伏の報に接するや,パリに樹立された国防政府の内相となり,プロイセン軍への徹底抗戦を主張,包囲されたパリを気球で脱出してトゥールにおもむき,戦争指導にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ガンベッタ【Léon Gambetta】

1838~1882) フランスの政治家。第二帝政を批判し急進共和派を指導。普仏戦争では徹底抗戦を主張。第三共和政の確立に尽くし、首相を務める。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガンベッタ
がんべった
Lon Gambetta
(1838―1882)

フランスの政治家。第三共和政初期を代表する共和主義者。第二帝政末期、法曹界から政界に入り、1869年に下院議員、1870年、プロイセン・フランス戦争で帝政が倒れたとき、国防政府に加わり、パリから軽気球で脱出、抗戦に努めた。1871年から下院議員、以後、第三共和政の確立に尽くし、1877年には王党派の動きを抑えた。共和政の定着につれて、妥協的で時宜にかなった政策をとり、それは「オポルチュニスム」とよばれた。1879~1881年に下院議長、1881年11月に首相となったが、選挙制改革を目ざして反対され、翌1882年1月辞任。拳銃(けんじゅう)暴発(情人とのいさかいの際ともいう)がもとで急死した。演説集、書簡集がある。[山上正太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガンベッタの言及

【急進主義】より

…以後このような点を急進主義の特徴とみなすことができるようになる。 第二帝政末期の1869年に議会選挙に立候補したガンベッタが政綱とした〈ベルビル綱領〉は,フランスにおける急進主義の立場を体系的に提示したものとみなされた。70年代の第三共和政の成立にあたり,ガンベッタは政治制度の共和主義化を唱えつつ,小市民層の社会的な保守性をこの共和主義信仰へと結集したのである。…

【第三共和政】より

…パリ・コミューンの民衆蜂起に直面した彼は,これを鎮圧するとともに,革命の再発を回避する役割を果たすのは共和政以外にないと認識するにいたった。そこで急進共和派のガンベッタとひそかに意を通じ,議会で多数を占める地方の地主・名望家層を代表する王党派を牽制し,王政の復活を防ぐことに努めた。ガンベッタは〈地方と農村に基づく共和的未来〉をめざして,小農民層を共和主義に結集する運動を展開,小農民主主義の伝統を復活させた。…

【日和見主義】より

…一定の原理や原則よりもむしろ変化する状況に応じて行動すること。19世紀フランスの政治家L.ガンベッタが共和主義的政策をより現実的な形で実施するために共和主義の原則の一部を犠牲にしようとしたのを当時の世論がオポチュニスムと呼んだことが,この言葉の起源といわれる。また革命運動において,状況の不利を理由に革命への態度を後退させることが〈右翼日和見主義〉と呼ばれる場合がある。…

※「ガンベッタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガンベッタの関連キーワード第三共和政ティエールフェリーフランス共同体ドゥメール第一共和制第三共和制第二共和制第一共和政バルトゥー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガンベッタの関連情報