コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーター勲章 ガータークンショウ

6件 の用語解説(ガーター勲章の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ガーター‐くんしょう〔‐クンシヤウ〕【ガーター勲章】

the Garter》英国の最高勲章。ナイトの位を授けられた者が佩用(はいよう)する。1340年代にエドワード3世によって制定されたといわれ、左ひざの下につけるのが習わし

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガーター勲章【ガーターくんしょう】

英国の代表的な勲章。国の元首または特別なナイトなどに贈られる。1348年ごろエドワード3世が創設した〈ガーター騎士団〉に始まる。騎士団員の正装である靴下留めの形をした濃青色ビロード製のガーターと,首飾り,星章,マントからなり,ガーターは左ひざ下につける。
→関連項目エドワード[3世]勲章

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガーターくんしょう【ガーター勲章 The Garter】

イギリスの代表的勲章。ガーター騎士団Knights of the Garter団員の規定の服装・装身具の総称で,左足の膝下につけるガーター,マント,首飾り,星章などから成る。この団体はエドワード3世が騎士道実践の模範たるべく,また団員の国王への忠誠と奉仕を強調するため1348年に創設。正規の団員はイギリス国王のほか25名。別に王族,外国元首などが加えられることがある。ウィンザー城内セントジョージ礼拝堂に本部がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ガーターくんしょう【ガーター勲章】

イギリスの最高勲章。1348年エドワード三世が創設した。靴下どめに似て、左膝下に着ける。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勲章・褒章がわかる事典の解説

ガーターくんしょう【ガーター勲章】

イギリスの最高勲章。国家に多大な功績のあった人、王族・貴族、外国元首に贈られる。受章者が死亡すると、返還する決まりである。もともとは、フランス百年戦争を戦っていたイングランド国王エドワード3世が、騎士道精神を実践するために、1348年に創設したガーター騎士団(Knights of the Garter)の一員になることを意味した。したがって、勲章は騎士団の服装・装身具となっており、左脚の膝下(ひざした)につけるガーター、マント、頸飾(くびかざり)、星章などに大綬章が加わる。ガーターは靴下留めであるが、俗説によれば、舞踏会でエドワード3世とダンスを踊っていた貴婦人がガーターを落としたとき、それを拾い上げたエドワード3世が、忍び笑いをしている者たちに“Honi soit qui mal y pense(思い邪なる者に災いあれ)”という言葉を投げかけ、自分の脚につけたことに由来する。贈られるガーターには、その語が金糸で縫いつけられている。外国人への叙勲は、キリスト教徒の君主が原則となっているが、日本には日英同盟の関係で明治天皇に贈られ、以後、大正、昭和の各天皇にも贈られた。今上(きんじょう)天皇も1998年(平成10)のイギリス訪問時に贈られている。◇英語でthe Garter。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガーター勲章
がーたーくんしょう
The Order of the Garter

イギリスの最高勲章。各国の元首と、イギリス国家にとくに功労のあった人物に贈られ、本人死亡後は返上するのが決まりである。制定年は明らかでないが、1348年ごろエドワード3世の制定ともいわれる。ガーターとは「靴下留め」のことであり、俗説によれば、王とダンスをしていたさる伯爵夫人がガーターを落とし、これを笑った者に、王がHoni soit qui mal y pense(悪を思うものは悪である)ととがめたことから、その騎士道精神をたたえて採用されたといわれ、ガーターにその語が金糸で縫い取ってある。正式の服装として、ガーター勲章は左膝(ひざ)下につけ、濃紺色のビロードのサーコートと頭巾(ずきん)を着用する。日本人では明治以後、4代の天皇に贈られている。[梶 龍雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガーター勲章の言及

【勲章】より

…しかし1802年にナポレオン1世はフランスの繁栄に寄与した人物を集めた〈名誉軍団〉(レジヨン・ドヌールLégion d’honneur)を制定し,騎士,士官,司令官等5階級の勲章をつくり,今日に至っている。イギリスで最も古いガーター勲章は,1347年フランスのカレー市占領祝賀会のダンスの最中,女官が靴下留を落としたのをエドワード3世が拾って自分の膝につけたのが起源とされる。The Most Noble Order of the Garterは48年に制定され,1417年にはヘンリー5世によってガーター紋章官Garter King of Armsが置かれた。…

【ゲオルギウス】より

…イギリスでは13世紀に国の守護聖人とされ,多くの教会ができた。またガーター勲章は,イギリスの守護聖人の名を付してジョージ(ゲオルギウス)勲章The Order of Saint Georgeとも呼ばれる。騎士,射手,農民,武具製造人,馬などの守護聖人としても広く愛された。…

※「ガーター勲章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガーター勲章の関連キーワードドーバー城イギリス国教会イギリスオランダ戦争勲等神君イギリス巻烈祖イギリスパンイギリスの名車Miniバースデーの日イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガーター勲章の関連情報