コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーンジー島 ガーンジーとうIsland of Guernsey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーンジー島
ガーンジーとう
Island of Guernsey

イギリス海峡南部にあるイギリス領チャネル諸島の第2の島。同諸島最大のジャージー島の北西約 30kmにある。ローマ人はサルニア島と呼んだ。南部は低い台地,北部は砂質の低地からなる。温和な気候と肥沃な土壌に恵まれ,市場園芸が盛んで,ジャガイモ,ブドウ,トマト,花卉などをイギリス本土に出荷。乳牛のガーンジー種の飼育で知られ,酪農も重要。また保養・観光地としても知られる。 11世紀初め,ノルマンディーからノルマン人が入植,現在もノルマン系の住民が多い。英語が常用語で,現在フランス語に代って公用語にもなっている。主要都市セントピーターポート。面積 78km2。人口 6万5300(2011推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ガーンジー‐とう〔‐タウ〕【ガーンジー島】

Guernseyイギリス海峡のフランス沖、チャネル諸島にある島。英王室固有の属領で、英国の法律や税制は適用されない。植民地や自治領以上の自治権を持つ。乳製品特産。人口6万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ガーンジー島の関連キーワードガーンジーセーターチャネル[諸島]ガーンジー[種]十分性認定ガーンジーサーク島

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガーンジー島の関連情報