コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キアズマ chiasma

翻訳|chiasma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キアズマ
chiasma

染色体交差ともいう。生殖細胞を生じる減数分裂複糸期で,対合した相同染色体の4染色分体のうち2つの染色分体だけが部分交換を行なって,数ヵ所で1対ずつに乖離しはじめるが,なお数ヵ所は結びつきX字形を呈する。この交差した部分をキアズマという。この際,遺伝子の乗換えが起ることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

キアズマ(chiasma)

減数分裂の前期に、相同染色体が接着して二価染色体をつくるときの、よじれて交差している部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

キアズマ【chiasma】

細胞が減数分裂を行う際に太糸期から第1分裂中期にかけて,対合した相同染色体は,長軸に沿って縦裂し計4本の染色分体chromatidとなる(図のa)が,この4本の染色分体の間で互いに相手を交換してX字型を呈する部位がみられる(図b)。この部位をキアズマという。キアズマは交叉を意味するギリシア語に由来するが,図c,eのように一端でくっついている2本の染色分体が,キアズマの個所で交換されて,他端では別の染色分体とくっつくことがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キアズマ【chiasma】

減数分裂の前期後半から中期にかけて、相同染色体が互いに接着する際の数か所の接着点のうち、染色体の交換が起こった部位。 X 字形を示す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キアズマ
きあずま
chiasma

減数分裂の前期で、2本の対合した染色体は1個またはそれ以上の箇所で交叉(こうさ)し、その部分で染色体の交換がおこる。このような染色体の交叉個所がキアズマで染色体交叉ともいう。減数分裂前期で相同染色体は対合して二価染色体となる。二価染色体はそれぞれ複製によって2本ずつの染色分体となり、結局1個の二価染色体は4本の染色分体からなっている。第一減数分裂で、二価染色体はその対合面または複製面で分かれるが、そのとき、対合した染色体間で交叉がおこり、キアズマが生ずる。キアズマは相同染色体の交叉によって生ずるという説はヤンセンスやダーリングトンによって主張された。対合した染色体はキアズマの箇所で接着し、ほかの部分では離れているので、染色体にはいくつかの環状部がつくられる。その輪の開く面がどこでも還元的である、すなわち相同染色体間で開くというのが一面説(ダーリントン)で、これに対し動原体を含む環状部分は還元的に開くが、その隣接する環状部分は均等的に開く、すなわち複製した染色体間で開くというのが二面説(サックス)である。これに対し、4本の染色体と4個の動原体の分かれ方は自由で、確率的に還元と均等は1対2になるというのが新二面説(松浦一(はじめ))である。新二面説は、遺伝学的な交叉に対応するデータが少ないが、一面説は、細胞学的および遺伝学的に支持するデータが多い。同一染色体上にある遺伝子は、分離の際に互いに連なって行動するはずであるが(これを連関という)、しばしば連関しないで行動することがある。これは、相同染色体間でキアズマをつくり、その部分で交換がおこるためである。[吉田俊秀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キアズマの関連キーワードダーリントン(Cyril Dean Darlington)ホール(Steven Holl)C.D. ダーリントン遺伝のしくみ染色体交差前田 威成山下洋輔前田威成移動期

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android