コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キシニョフ キシニョフKishinëv

6件 の用語解説(キシニョフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キシニョフ
キシニョフ
Kishinëv

モルドバの首都。ウクライナオデッサ西北西約 160km,ドネストル川支流ブイク川に沿う。 15世紀より知られ,16世紀以降のトルコ領時代には商業中心地であった。 1812年ロシア領。第1次世界大戦ルーマニア領,1940年ソビエト連邦領に入り,新たに成立したモルダビアソビエト社会主義共和国の首都,1991年独立したモルドバの首都となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

キシニョフ

モルドバの首都。ルーマニア名はキシナウChisinau。ドニエストル川支流のビク川に面している。食品,織物,建設材料などの工業が行われる。15世紀に創設。1918年―1940年ルーマニア領。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キシニョフ【Kishinyov】

モルドバ共和国の首都。ドニエストル川の支流ビク川のほとりの森の多い地域にある都市。キシニョフロシア語名で,モルドバ語ではChişinău(キシナウ)。人口67万6700(1991)。住民はモルドバ人ウクライナ人ロシア人が多いが,かつてはユダヤ人が多かった。1420年以来,市としてその存在が知られている。16世紀初めよりオスマン帝国を宗主国とするモルドバ公国領となる。1812年ロシア帝国によるベッサラビア併合とともにロシア領となり,ベッサラビア県の県都となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

キシニョフ【Kishinev】

モルドバ共和国の首都。同国の中央部に位置し、ワインの醸造が盛ん。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キシニョフ
きしにょふ
Кишинёв Kishinyov

モルドバ共和国の首都、キシナウの旧称で、ロシア語名。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キシニョフの関連情報