コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キジノオシダ Plagiogyria japonica Nakai

世界大百科事典 第2版の解説

キジノオシダ【Plagiogyria japonica Nakai】

山林中の陰地に生じるキジノオシダ科の常緑性シダ(イラスト)。胞子葉栄養葉がはっきり区別でき,ほぼ直立する胞子葉は高さ1mに達する。根茎は直立し,葉を叢生(そうせい)する。鱗片も毛も,植物体のどこにも生じない。葉は2形を示す。栄養葉は単羽状,葉脈は叉(さ)状分岐をし,網目をつくらない。胞子葉の羽片は狭くなり,裏面の脈に沿って胞子囊がつき,羽片の辺縁が反転して包膜のようにおおう。関東地方と北陸地方から西の本州と四国,九州にみられ,済州島と中国(長江沿いの各省)に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キジノオシダ
きじのおしだ / 雉の尾羊歯
[学]Plagiogyria japonica Nakai

キジノオシダ科の常緑性シダ。房総半島以西の暖地の湿った林内に生える。塊状の根茎から1回羽状に分裂した葉を束生する。葉には栄養葉と胞子葉の2型がある。栄養葉は長さ60センチメートル内外、濃緑色で革質、表面にはつやがある。羽片は鎌(かま)形で上方に曲がり、無柄。上部羽片は中軸に流れる。葉の先端は頂片となる。側脈は斜めに平行して走る。胞子葉は栄養葉よりも高く、1メートルほどになり、羽片は線形、縁が巻いて胞子嚢(ほうしのう)群を覆い、包膜状になる。同属のタカサゴキジノオP. adnataは伊豆以西に産し、栄養葉の先端は頂片とならず、羽片がしだいに小さくなる。羽片の基部は中軸に流れ、翼をつくる。千葉県以西に産するオオキジノオP. euphlebiaは高さ1メートル以上になり、栄養葉の羽片には短柄があり、中軸に翼をつくらない。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キジノオシダの関連キーワードキジノオシダ(雉の尾羊歯)ヤマソテツ(山蘇鉄)ヤマソテツ雉の尾羊歯雉尾羊歯細葉雉尾縮緬貫衆虎の尾山蘇鉄鳳尾草環帯西田雉尾

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android