コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キチェ キチェ Quiché

翻訳|Quiché

2件 の用語解説(キチェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キチェ
キチェ
Quiché

正式名称はサンタクルスデルキチェ Santa Cruz del Quiché。グアテマラ南西部の都市。キチェ県の県都。首都グアテマラ市の北西約 90km,チュアクス山脈南西斜面にあり,標高約 2000m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キチェ
きちぇ
QuichK'iche'

マヤ系の先住民インディヘナインディオ)。キチェ・マヤともよばれる。グアテマラ中西部高地の農村共同体に生活することが多かったが、近年は商業も含めてさまざまな職業が増え、また都市部や国外への移民も増加している。「キチェ」とはマヤ語の一つであるキチェ語を話す人々についての言語学上の概念であるが、先住民運動の高まりのなかでアイデンティティ意識とも結び付いている。キチェの総数は100万人以上とされ、隣接する地域のカクチケルやツトゥヒルとの関係が強い。この地域ではとくに1980年代前半のグアテマラの内戦期に、きわめて多数の犠牲者や難民が出た。宗教面では、先スペイン期のマヤ宗教とスペインのキリスト教とが習合した「民俗カトリシズム」が、共同体や民族のアイデンティティとも結び付いていた。しかし、近年はより正統的なカトリシズム、またプロテスタンティズムへの改宗が進み、とくにプロテスタント人口の増大は著しい。歴史的にみれば、1524年にスペイン人アルバラドPedro de Alvarado(1485ころ―1541)により征服されたキチェ王国は、ウタトランを首都とし、後古典期後期のマヤ圏最強の国家だったという。征服後まもなくキチェ語で書かれた聖典『ポポル・ブフ』は、マヤの宗教と歴史を知るうえでの貴重な資料であるとともに、アメリカ先住民文学として最高のものに数えられている。[小泉潤二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キチェの関連キーワードサンタクルスサンタクルーズ諸島サンタクルスデテネリフェサンタクルス島サンタクルスデモンポスバリローチェサンタクルーズ海溝いまばりゆるきゃら バリィさんせんたくサンタ・クルス[州]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キチェの関連情報