コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キチジ キチジ Sebastolobus macrochir

3件 の用語解説(キチジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キチジ
キチジ
Sebastolobus macrochir

カサゴ目フサカサゴ科。体長 30cmになる。体は長卵形で側扁する。体色は鮮紅色で,背鰭の棘条部に大きい黒斑がある。尾鰭の後縁はほぼ直線状。頭の背面や眼の下方に鋭い小棘が並ぶ。胸鰭には欠刻がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

キチジ

 [Sebastolobus macrochir].カサゴ科の海産魚.体長30cm.食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キチジ
きちじ / 喜知次・吉次
channel rockfishbighand thornyheadkichiji rockfish
[学]Sebastolobus macrochir

硬骨魚綱カサゴ目フサカサゴ科に属する海水魚。本州中部以北、オホーツク海南西部、ベーリング海に分布し、とくに三陸沿岸沖と北海道太平洋側に多い。日本海にはいない。アカジ(茨城県)、キンキ(北海道、青森県、岩手県)、メンメ、メイメイセン(北海道)などともよばれている。体は低く、頭に多数の鋭い棘(とげ)が並ぶ。目の下から頬にかけて5~8本の棘がある。目が著しく大きい。胸びれの下部軟条は肥厚し、葉状に突出する。体は朱赤色で、背びれの中央部に1個の大きい黒斑(こくはん)がある。
 産卵期は2~5月で、この期には親魚は水深150メートル前後の海底に集まって産卵する。卵は寒天質の紐(ひも)状の卵嚢(らんのう)に包まれ、長さ約35センチメートル、幅6.5センチメートルの長円形の塊になって海面を漂流する。10日ほどで孵化(ふか)し、1年で9センチメートル、2年で12センチメートルと年間に2、3センチメートルずつ成長し、30センチメートルぐらいになる。17センチメートルほどで成熟し、寿命は10年ぐらい。成魚は普通水深150~400メートルの比較的泥の多い礫底(れきてい)にすむが、若魚は浅い砂泥底を好む。水深1200メートルで捕れたこともある。オキアミ、エビ類、クモヒトデ類などを好んで食べる。
 底引網、底刺網(そこさしあみ)、延縄(はえなわ)などで漁獲され、水産業上重要種である。白身で脂肪が多く、煮つけ、焼き魚、鍋物(なべもの)、干物などにすると美味。小さいものはカマボコの原料にされる。近縁種にはアラスカキチジやヒレナガキチジがあり、これらはおもに北洋の深海にすみ、味はキチジより劣る。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キチジの関連キーワードアコウダイカサゴメバル笠子蓑笠子高砂町カサゴ(笠子)フサカサゴ(総笠子)ミノカサゴ(蓑笠子)フサカサゴ科

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キチジの関連情報