コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キチジ Sebastolobus macrochir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キチジ
Sebastolobus macrochir

カサゴ目フサカサゴ科。体長 30cmになる。体は長卵形で側扁する。体色は鮮紅色で,背鰭の棘条部に大きい黒斑がある。尾鰭後縁はほぼ直線状。頭の背面や眼の下方に鋭い小棘が並ぶ。胸鰭には欠刻がある。駿河湾以北,北海道,オホーツク海からベーリング海にかけて分布し,比較的深いところに棲息する。底引網延縄 (はえなわ) で漁獲される。肉は白身で脂質に富み,煮つけ,干物などにし,美味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

キチジ

 [Sebastolobus macrochir].カサゴ科の海産魚.体長30cm.食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キチジ
きちじ / 喜知次・吉次
channel rockfishbighand thornyheadkichiji rockfish
[学]Sebastolobus macrochir

硬骨魚綱カサゴ目フサカサゴ科に属する海水魚。本州中部以北、オホーツク海南西部、ベーリング海に分布し、とくに三陸沿岸沖と北海道の太平洋側に多い。日本海にはいない。アカジ(茨城県)、キンキ(北海道、青森県、岩手県)、メンメ、メイメイセン(北海道)などともよばれている。体は低く、頭に多数の鋭い棘(とげ)が並ぶ。目の下から頬にかけて5~8本の棘がある。目が著しく大きい。胸びれの下部軟条は肥厚し、葉状に突出する。体は朱赤色で、背びれの中央部に1個の大きい黒斑(こくはん)がある。
 産卵期は2~5月で、この期には親魚は水深150メートル前後の海底に集まって産卵する。卵は寒天質の紐(ひも)状の卵嚢(らんのう)に包まれ、長さ約35センチメートル、幅6.5センチメートルの長円形の塊になって海面を漂流する。10日ほどで孵化(ふか)し、1年で9センチメートル、2年で12センチメートルと年間に2、3センチメートルずつ成長し、30センチメートルぐらいになる。17センチメートルほどで成熟し、寿命は10年ぐらい。成魚は普通水深150~400メートルの比較的泥の多い礫底(れきてい)にすむが、若魚は浅い砂泥底を好む。水深1200メートルで捕れたこともある。オキアミ、エビ類、クモヒトデ類などを好んで食べる。
 底引網、底刺網(そこさしあみ)、延縄(はえなわ)などで漁獲され、水産業上重要種である。白身で脂肪が多く、煮つけ、焼き魚、鍋物(なべもの)、干物などにすると美味。小さいものはカマボコの原料にされる。近縁種にはアラスカキチジやヒレナガキチジがあり、これらはおもに北洋の深海にすみ、味はキチジより劣る。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キチジの関連キーワード漁獲努力総量規制大蔵 弥右衛門バラハイゴチTAE制度きんきの露フッキソウかまぼこ陰生植物吉祥茅草タエ制度解夏草吉祥蘭深海魚蜜柑草観音草きんき笠子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android