コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キヅタ(木蔦) キヅタ Hedera rhombea; Japanese ivy

2件 の用語解説(キヅタ(木蔦)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キヅタ(木蔦)
キヅタ
Hedera rhombea; Japanese ivy

ウコギ科の常緑つる性低木で,東アジアの温帯に広く分布し,山野に生える。岩やほかの木の樹幹にからみつき,枝を多く出して生長する。古木になるとかなり太い幹になり多数の気根を伸ばして,岩や木の表面にしっかりと付着する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キヅタ(木蔦)【キヅタ】

一名フユヅタ北海道南部〜沖縄,朝鮮の低地にはえるウコギ科の常緑つる性木本(もくほん)。茎は気根を出して木や岩によじのぼり,卵円形〜ひし形状卵形で革質の葉を互生する。
→関連項目ツタ(蔦)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

キヅタ(木蔦)の関連キーワード木蔦アジアンポップス蔓柾鱶の木ヘデラエゾマツエビヅルツキヌキニンドウアサヒカズラフカノキ