コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キヅタ ivy

翻訳|ivy

2件 の用語解説(キヅタの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キヅタ【ivy】

ウコギ科キヅタ属(ヘデラ属)Hederaのつる植物。北アフリカ,ヨーロッパ,アジアに広く分布し,ひっくるめて1種とされたり,10種ほどに分類されたりする。日本にもキヅタが自生する。常緑低木で多数の気根を出し,他の物体(樹木,岩石)などに吸着してよじのぼる。葉は互生し,全縁あるいはカエデの葉のように3~12浅裂する。花は両性で小さく帯緑色,果実は液果状核果で,なかに3~5粒の種子がある。 カナリーキヅタH.canariensis Willd.(=H.helix L.var.canariensis (Willd.) DC.)はカナリアマデイラ,アゾレスなどの諸島原産のつる植物で,茎は高く登攀(とうはん)もしくは付着物体より長く下垂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キヅタ
きづた / 木蔦
ivy
[学]Hedera rhombea (Miq.) Bean

ウコギ科の常緑藤本(とうほん)。アイビーと称し観葉植物とされるものも同じ仲間である。枝は気根を出し、岩上や樹上をよじ登る。葉は互生し、長さ3~7センチメートル。光沢があり、質は厚い。葉形には2型があり、若い枝では三~五角形で浅く3裂し、年を経た枝では卵状披針(ひしん)形で全縁。花は10、11月、当年枝の先端から伸びた散形花序につき、黄緑色。果実は球形の核果で、翌年の春に黒く熟す。ツタ(ブドウ科)よりも木らしいのでこの名がある。またツタが落葉性であるのに対して、常緑性で冬も葉があるためフユヅタともいう。本州から沖縄および朝鮮、台湾に分布。庭木として普通に栽培される。キヅタ属は15種からなり、ユーラシアを中心に分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キヅタの関連キーワード木蔦五加五加皮狐疑先付小切手錦蔦冬蔦鱶の木ヘデラタラの芽

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キヅタの関連情報